コード進行とは?

作曲に必ず役立つテクニック

 
ピアノ
 
 
コード進行とは音楽制作において、
メロディーやサウンドを 形づくる骨格となるものです。
 
 
Am(Aマイナー)やG7(Gセブン)などの
化学記号のようなものを 楽譜で見たことありませんか?
 
 
それらの記号を
 

「コード」

 
または
 

「コードネーム」

 
といいます。
 
 
そして、そのコードを組み合わせて、
和音の流れを作ったものを
 

「コード進行」といいます。

 
 
 
作曲をするにも曲を アレンジ(編曲)するにも、 コード進行は絶対に避けては通れない道です。
 
曲そのものの道しるべであり、 メロディーを息づかせる空気や感情を 作り出すことでもあります。
 
 
 
 
わかりやすく芝居に例えます。
 

メロディーが役者であるなら、コード進行はストーリーです。

 
 
役者が同じでもストーリーが違えば 楽しい作品にも悲しい作品にもなります。
 
 
逆に役者が誰であろうと、 ストーリーが完成されていれば、 作品の評価にはあまり影響を与えません。
 
 
音楽においてストーリーと言えば、 歌などのメロディーなんじゃないか?  と思いがちです。
 
 
でも聴き手に音楽のストーリー性や 感情を感じさせているのは、
 
 
 
実はメロディーではなくコードなのです。
 
 
 

コードによって組み立てられた音楽のストーリーをメロディーという形で、聴き手にわかりやすく説明しているということなんですね。

 
 

  

才能を飛躍させるには。

 
ライブ
 
 
映画を見て主役に魅せられる ということは、  ストーリーに引き込まれている ということでもあります。
  
一番派手に見える部分というのは 目に付きやすい作品の ごくごく一部の表面であって、 その作品の本質は ストーリーそのものにあるわけです。
 
 
映画でも音楽でも文芸でも 何かモノを作る人間は、 作品の骨格にこそ 表現の真髄があることを知っています。
 
音楽で言えば、 コード進行の構築 ということになります。
映画や小説なら物語の構築です。
 
 
 
曲作りなど音楽を まだ始めたばかりの人にとっては、 一番派手な部分である歌メロのみに 意識がいきがちです。
 
そこをさらに一歩進めて、 コード進行という概念を 知ることが出来れば、 さらに作曲の才能を 飛躍させられるでしょう。
 
 
メロディーとコードが 頭の中で思いのままに 縦横無尽に飛び交う頃には、 人を音楽で感動させることも 勇気づけることも いともたやすく出来るようになります。
 
 
コード進行というものを しっかりわかっていれば、 たとえアカペラ音源しかない 作りかけの曲であっても、 後からコードを構築していって 素晴らしい楽曲にしてしまうことも 出来るようになります。
 
 
俳優のキャスティングが 先に決まっていても、 そこから逆算してストーリーや 台詞、起承転結を 構築してしまう映画監督のように。
 
 
 

コード進行のパターンとは?

 
 
 
人々が感動したり 喜んだりする楽曲には
ある種の魔法がかけられています。
 
 
 
無限にあるように思えて
 
実はヒット曲や名曲に 使われているコード進行は 数えるほどしかありません。
 
 
 
 
 

多くの人が好むコード進行は限られているのです。

 
 
 
 
そして、そこにはある一定の 法則や方程式を 見い出すことが出来ます。
 
 
 
 
なぜ感動的に感じるのか、
 
なぜこの曲は楽しいのか、
 
なぜ多くの人の心を つかんで離さないのか、
 
 
 
 

音楽の謎を解く鍵は、コード進行にあります。

 
 
 
 
 

進行の一覧を見て作曲に役立てる

 
 
 
広く知られたコード進行を ストレートに用いるのも、  色々組み合わせて運用するのも、 それは作り手の自由です。
 
 
 
 
でも、ポピュラーミュージックの 領域においては ここで列挙されたコード進行を 音楽理論の範疇で運用することが いわゆる「いい曲」を生み出す秘訣です。
 
 
 
 
このサイトに列挙された コード進行の一覧を見ながら、 好きな響きを選んで 組み合わせて作曲してみてください。 きっと人が「いい曲だね」と 言ってくれるような曲が出来るはずです。
 
 
 
時には音楽理論を逸脱した コードワークも面白いものですが、 より多くの人の共感や賛同を 得られるような楽曲を作曲したい時は、 是非このサイトの コード進行パターンのデータベースを ご参考になさってください。
 
 
 

 
作曲について

作曲について

作曲について

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

オーケストラ1
1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。

オーケストラ2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交うオーケストラ曲。
ポップス
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。       生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
EDM
幾重にもレイヤーされたシンセと、ボーカルやラップの行き交うEDMトラック。プロユースのハイエンド機器ならではの透明感のあるサウンドが特徴。

DANCE
EDM後のブレイクスからレイヴ、ハウス、ダブステップやシンセポップへサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声。

NextDesign 音楽制作コンテンツ
 
オーケストラ曲制作
他社と一線を画す高精度なオーケストラ楽曲をお届けします。
 
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。
 
作曲編曲
作曲とアレンジ制作をプロ機Protools HDXにて制作提供。 
 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。