コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
 
 

半音階的進行

 
 
 
 
 
コードの転回形を利用して ベースラインを半音ずつ下げていく、 とても特徴的なコード進行です。
 
 
 
 
 
まずは、わかりやすい所から行きます。
 
 
 
 
・プリンセス・プリンセス 
「ダイアモンド」
 
 
という曲があります。
 
 
だいぶ昔の曲ですが、 半音階的進行を使ってヒットした曲です。
 
 
 
サビ部分
♪ダイアモンドだね Ah いくつかの

|C|Em7/B|Gm/Bb|F/A|
|Fm/Ab|C/G|D/F# D7|G7 F/A G/B|
・・・

 
 
 
メジャーキーの明るさと、 半音移動していくための 感傷的な響きが同居しているかのような音です。
 
 
 
 
さらに一歩進めて
 
 
 
セリーヌ・ディオンの名曲に 「To Love You More」があります。
 
 
 
この曲にも半音階的進行が使われていて、 曲のバース部分(Aメロ)に このコード進行が見られます。
 
 
Aメジャー表記
 

|A|A|E|E|F#m|F#m|
|D|E7/D|A/C#|Am/C|
|G/B|Gm/Bb|Dm/A|A|
|Esus4|E7|

 
 
非常にエレガントで、 流麗な響きを生み出していますよね。 ワンステージ高いレベルにある ポップミュージックを形にしています。
 
 
 
さらにこの後、 サビ部分につながっていくわけですが
 
 
サビのコード進行は
 

|A|E|F#m|C#m|D|A/E E7|A|

 
 
 
 
そうです。
この進行はカノン進行ですね。
 
 
複雑な響きを 歌の導入部分に持ってきて、 メインテーマは明快なカノン進行で 高らかに歌い上げる。
 
 
非常に精密に、緻密に 作り上げられた楽曲だということが わかります。
 
まさに計算された楽曲です。
 
 
 
 
かのモーツァルトやワーグナーも愛した 半音階的進行。
 
 
 
 
半音階的進行はメインテーマを立たせる 脇役としても使えますし、 またメインテーマそのものにも使える 非常に有効なコード進行です。
 
 
 

 

コード進行

STEP 0

STEP1

STEP 2

STEP 3

 
※コード表記はわかりやすくするために、Cメジャー(Aマイナー)表記になります。

作曲について

 
株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表インタビュー記事

 
 
demo

epic
勇壮で叙情的なメロディーラインが特徴のEpic楽曲。
 
epic2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークで構築された楽曲。
edm
幾重にもレイヤーされたシンセとボーカルやラップの行き交うEDMトラック。

pops
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス。生音のテイストに重心を置き、流麗なストリングスが歌を包み込む。 

hiphop
HipHopとオーケストレーション、プログラミングされたグレゴリオ聖歌の融合。