コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を 音楽活動に。
作曲編曲
作曲・編曲を プロ機Protools HDXにて制作。 
アレンジ制作・編曲
プロ・アレンジを 限界まで抑えた制作料にて。 
 
 

倚音(いおん)の不思議。

 
 
 
 
 
 
 
聞き慣れない言葉かもしれませんね。 しかし、この倚音は とても重要かつ非常に有効なテクニックなので、 是非覚えておいてください。
 
 
 
 
まずは、わかりやすくするためにこの曲
 
ワムの「ラスト・クリスマス」
 
 
 
 
 
 
これはいい曲ですよね。 クリスマスの定番曲。
 
この曲を聴くだけで クリスマスを思い出す方も 多いんじゃないでしょうか。 日本ではEXILEが この曲をカバーしていますよね。
 
 
 
 
この曲、いきなり出だしから 倚音で始まります。
 
 
 
 
最初のコードはCです。
 
♪La---st Christmas の ♪La---
 
はレです。
 
 
コードの構成音には含まれていない音です。
 
しかしこの曲を聴けばわかるように、 最初の頭、のっけからいい曲だと思いませんか。
 
 
 
倚音とは、つまりコードの構成音の ひとつ隣の音のことです。
 
 
 
コードに含まれていない音だからこそ、 聴き手をハッとさせることが出来るわけです。 いきなり聴き手の心を つかむことが出来るんですね。
 
 
この倚音を使うことによって、 独特の浮遊感や「いい曲」感 演出することができるので、 絶対に覚えておくべきだと思います。
 
 
 
コードの構成音の 「ひとつ隣の音」というのがミソですね。
 
ひとつ隣なので、 すぐにコードの構成音に 着地できる安心感と、 何かが始まりそうな期待感とを、 合わせ持たせることが出来るわけです。
 
 
 
 
 
ちなみにこの「Last Christmas」の
 
コード進行は
 

|C|Am|Dm|G|

 
 
ですが、
 
他にも倚音が出てくるので、 楽器が弾ける方は ピアノやギターで弾いて 確かめてみてくださいね。
 
 
 
 
おそらく、この「Last Christmas」という曲は、 意図的に倚音を散りばめた、
計算された楽曲でしょう。 それぐらい効果的に 倚音がいい曲感を醸し出している 名曲なので 、分析する価値が大いにある楽曲だと言えます。
 
 
 
 
倚音はSUS4にも似た響きかもしれません。
 
 
何かが始まる…
 
何かにつながる…
 
そんな心地よさです。
 
 
 
 
 
他にも倚音を使った名曲はたくさんあります。
 
 
 
例えばビートルズの「イエスタデイ」
 
 
 
これも1番最初の 「イエス」の部分が倚音になっています。
 
 
 
 
 
倚音を意識して曲作りが出来ると、 さらにワンステップ上のものを 形に出来るようになります。
 
 
 

 

コード進行

STEP 0

STEP1

STEP 2

STEP 3

 
※コード表記はわかりやすくするために、Cメジャー(Aマイナー)表記になります。

作曲について

作曲について

作曲について

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

オーケストラ1
1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。

オーケストラ2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交うオーケストラ曲。
ポップス
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。       生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
EDM
幾重にもレイヤーされたシンセと、ボーカルやラップの行き交うEDMトラック。プロユースのハイエンド機器ならではの透明感のあるサウンドが特徴。

DANCE
EDM後のブレイクスからレイヴ、ハウス、ダブステップやシンセポップへサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声。