コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 

倚音(いおん)の不思議。

 
 
 
 
 
 
 
聞き慣れない言葉かもしれませんね。 しかし、この倚音は とても重要かつ非常に有効なテクニックなので、 是非覚えておいてください。
 
 
 
 
まずは、わかりやすくするためにこの曲
 
ワムの「ラスト・クリスマス」
 
 
 
 
 
 
これはいい曲ですよね。 クリスマスの定番曲。
 
この曲を聴くだけで クリスマスを思い出す方も 多いんじゃないでしょうか。 日本ではEXILEが この曲をカバーしていますよね。
 
 
 
 
この曲、いきなり出だしから 倚音で始まります。
 
 
 
 
最初のコードはCです。
 
♪La---st Christmas の ♪La---
 
はレです。
 
 
コードの構成音には含まれていない音です。
 
しかしこの曲を聴けばわかるように、 最初の頭、のっけからいい曲だと思いませんか。
 
 
 
倚音とは、つまりコードの構成音の ひとつ隣の音のことです。
 
 
 
コードに含まれていない音だからこそ、 聴き手をハッとさせることが出来るわけです。 いきなり聴き手の心を つかむことが出来るんですね。
 
 
この倚音を使うことによって、 独特の浮遊感や「いい曲」感 演出することができるので、 絶対に覚えておくべきだと思います。
 
 
 
コードの構成音の 「ひとつ隣の音」というのがミソですね。
 
ひとつ隣なので、 すぐにコードの構成音に 着地できる安心感と、 何かが始まりそうな期待感とを、 合わせ持たせることが出来るわけです。
 
 
 
 
 
ちなみにこの「Last Christmas」の
 
コード進行は
 

|C|Am|Dm|G|

 
 
ですが、
 
他にも倚音が出てくるので、 楽器が弾ける方は ピアノやギターで弾いて 確かめてみてくださいね。
 
 
 
 
おそらく、この「Last Christmas」という曲は、 意図的に倚音を散りばめた、
計算された楽曲でしょう。 それぐらい効果的に 倚音がいい曲感を醸し出している 名曲なので 、分析する価値が大いにある楽曲だと言えます。
 
 
 
 
倚音はSUS4にも似た響きかもしれません。
 
 
何かが始まる…
 
何かにつながる…
 
そんな心地よさです。
 
 
 
 
 
他にも倚音を使った名曲はたくさんあります。
 
 
 
例えばビートルズの「イエスタデイ」
 
 
 
これも1番最初の 「イエス」の部分が倚音になっています。
 
 
 
 
 
倚音を意識して曲作りが出来ると、 さらにワンステップ上のものを 形に出来るようになります。