80年代のゲームミュージック。

 
 
 
 
 
80年代といえば、ファミコン。
 
特にゲームという文化が花開いた時代でもあります。 ゲームミュージックに名作が多いのは間違いなく80年代です。
 
 
その理由はゲーム機に 性能的な制限があったためとも言われています。 和音もちょっと鳴らしたら、いっぱいいっぱい。
 
だからきっと曲を作る人は、かなり知恵を絞ったでしょうね。
才能をフルに使わないと、単なる電子ノイズになっちゃう。
 
 
それゆえ、名作が多いのもうなづけます。
 
 
僕が当時衝撃を受けたのは
 
「イース」です。
 
古代祐三の生み出す音楽は流麗で、 叙情的で情熱的でした。
 
FM音源の貴公子と僕は勝手に呼んでいました。
 
 
今もニコニコ動画やYouTubeなどで、 イースをフィーチャーした動画がたくさんあります。 ギターで弾き直したもの、バイオリンでの早弾きなどなど。
 
是非機会があったら、オリジナルの音源を聴いてください。
 
FM音源独特のギザギザした質感と 天才・古代祐三の卓越したセンスにきっと驚くはずです。
 
 
特にイース1とイース2は名曲の宝庫です。