オリジナル曲制作について。

 
 
 
最近は作詞・作曲・編曲、 ミックス・マスタリングまですべて含めた オリジナル曲の制作ご依頼が非常に増えました。 1番多いご依頼かもしれないです。
 
 
違法ダウンロードに対する取り締まりなど、 インターネットの健全化が急速に進んできて、 音楽だけでなく映画やゲーム、 小説やグラフィックなど、 広く一般にも「制作」という概念が 身近になってきました。
 
音楽に限らず、 一般の多くの人たちに 作品を送り出す側からすると、 健全なダウンロードが当たり前になることで、 しっかりとした供給体制が整備されて、 作品の品質も上がっていくことになりますから、 ネットの健全化はダウンロードに限らず、 セキュリティやショッピング、コミュニケーション、 あらゆる分野で歓迎されるべきものです。
 
本来、売られているものは お金を出して買うのが当たり前です。 Amazonで安心してショッピング出来るのは、 しっかりとした法整備がなされているからですよね。
 
ちゃんと売られているものを、 ちゃんと買う。 このわかりやすくてシンプルなモラルこそ、 しっかり守られるべきものです。
 
その当たり前のモラルが エンターテイメントの分野にも きちんと確立されることで、 若い人たちが憧れるような 音楽業界や映画業界、 ゲーム業界などの さらなる活性化につながっていきます。
 
 
新しい才能は、しっかりとした モラルがあってこそ生まれてくるものです。
 
 
あとは、いかにして作品を 一般の方々に届けるかです。
 
 
今はデジタルの恩恵によって、 プライベートレーベルでも メジャーと同じ事が出来る時代です。 アイディア次第で いくらでもプロモーションの方法論を 構築することができるのです。
  
音楽は歌と曲、あるいは曲と演奏者など、 あらゆる才能の組み合わせを わずか数分の中に 凝縮させて形にしていくものです。 そのコンパクトでフレキシブルな面と、 また作品をリリースするのに 圧倒的なスピード感で 形に出来るというのも大きな利点ですよね。
 
これは音楽ならではの特性ですし、 映画制作など比較すると必要な予算も時間も 非常に少なくて済むというメリットがあります。
 
音楽プロダクションなら 抱えている所属アーティストに、 音源リリースや配信、ライブによって収益をあげたり、 様々な企画やアイディアに乗っけたり、 グッズ販売、映像作品、 欧米やアジア圏などの海外展開など、 従来よりもフットワーク軽く エンジンの回転数を上げることが出来ます。
 
 
あるいはシンガーやアーティスト、 バンド側に立って考えれば、 オリジナル楽曲のクオリティを上げることは 音楽活動において必須条件です。
 
 
時代が驚異的なデジタルの力によって、 これまで人類が経験したことのないほどに 世界のあらゆる国は近くなり、 アイディアやコンセプトを 誰もが自由に発信出来るようになりました。
 
 
 
とにかく何も考えずに 自分の事業や活動に専念したい、 やみくもに楽曲募集をかけたところで たかが知れてるよなぁ、 今さら新たに人員を割いたり わずらわしい管理を増やしたくない、 経費を掛けたくない・・・
 
 
実はこんな人間くさい動機から、 新しいものとか新しい時代の潮流って 生まれてくるんですよね。