アレンジ制作ご依頼について。

 
アレンジ制作(編曲)のご依頼にあたって必要なものは、
一番シンプルなのが、鼻歌を録音したものです。
 
 
最近はスマートフォンなどでも録音アプリがたくさんありますよね。
会議で使うICレコーダーなどでもいいんです。
 
 
そこに自分の歌を吹き込んで送って頂ければ、
それだけですぐにアレンジ制作に取り掛かれます。
 
 
メロディーがわかれば、それで十分なんですね。
歌声もラフなもので全然大丈夫です。
何か特殊な技も必要ありません。
 
 
自分で楽器を弾かれる方は弾き語りでも構いませんし、
歌だけアカペラでも、もちろん大丈夫です。
 
 
歌だけの音をアレンジに取り込んで、
ご自分の歌が乗るとこんな感じになります、
という形でアレンジ完成版をお聴かせすることもあります。
 
 
もちろんその歌は
ラフなボーカル音源なので、
アレンジ完成後、
レコーディングスタジオなどで歌録りされる際に
参考にするための用途、ということになりますが
テンポや音程が揺らいでいても
補正をしてアジャストしますので、
ご自分の歌が乗るとこんな風になる
という形でお聴かせすることが出来ます。
 
 
ただ、完全な鼻歌となるとこれは厳しいです。
メトロノームやクリックを聴きながら、
それに合わせて歌を録る必要はあります。
(歌の録音音声に クリックの音が 軽く乗るくらいに。)
 
そうじゃないと、メロディーの箇所が
小節頭なのか半拍置くのかなど
行き違いが生まれてしまうことがあるからです。
 
 
 
アレンジ制作というと、
なんとなく敷居の高い感じがする方も
いらっしゃるかもしれませんが、
メロディーラインがわかれば、それだけで十分なんです。
コードが不明、またはよくわからない場合は
こちらでベストなコードを付けていきますので、
音楽理論とかわからなくても大丈夫です。
 
 
あとは、参考曲などを挙げて
こんなサウンドにしたいというイメージを
伝えて頂ければ、
セールスや配信などにも完全に対応し得る
プロフェッショナルなクオリティにして
楽曲をお届け致します。
 
 
ご自分の曲が、
アレンジによって新たに命を吹き込まれ、
生み落とされるという感覚を
一人でも多くの人に感じて頂けたらいいなと思います。