DSDレコーディング。

 
 
 
 
 
 
 
DSDレコーディングは
主にSACD(スーパーオーディオCD)で採用されている
録音形式です。
 
SACDは音のキメが非常に細かく美しいと言われています。
 
 
 
ただ、如何せん一般に普及していない・・・
 
 
 
そこで通常のCDのマスター音源を
一度DSDレコーダーに取り込んで
もう一度アウトプットしてあげるのです。
 
 
 
そうすれば一般に普及している
普通のCDでもさらに音が良くなる、というわけです。
 
 
先日、某avexのアーティストのアレンジをした際、
使ったスタジオにDSDレコーダーが置いてありました。
 
 
 
 
 
 
 
これを最終段で使って、
音の変化や向上を狙うんだそうです。
 
 
いわば、エフェクターのように使うんだと
スタジオのエンジニアさんはおっしゃっていました。
 
 
 
 
超高解像度のDSDで録音して、
目的のフォーマットにダウンコンバートして
使用するわけです。
 
 
 
まだまだ一般には知られていない
新しいレコーディング方法ですが
可能性はいろいろ秘めていると思います。
 
 
 
 
確かな良いものであれば、
弊社でも取り入れようか検討中です。
本物のプロレベルをお届けするのが
ウチのモットーですからね^^