FM音源。

 
 
 
 
FM音源はアナログシンセの後、
現われたデジタルシンセの代名詞的存在
「DX7」に搭載されていた音源です。
 
 
DX7といえば、80年代サウンドそのもの。
 
キラキラしたエレピは洋楽のバラード曲に多用されました。
 
 
またエッジの立ったベースは当時、
時代を席巻したユーロビートやハイエナジーで
非常に多く使われていました。
 
 
ノスタルジックなブラスサウンドは、
当時キャッチーでエポックメイキングなサウンドとして
バンド、ソロアーティスト問わず大変好まれていました。
 
 
当時、80年代を堪能していた方々は(笑)
その音を聴くだけで、その時代を思い出しますよね。
 
 
現在、かつてのFM音源が再発掘され、
再び注目されつつあります。
 
というより、無意識下で
80年代を知らない現代の人たちも
携帯電話の着信音や駅の発車ベルなどで
耳にしているはずです。
 
 
音楽においては、しばらく耳にしませんでしたけど。
 
 
でも最近のエレクトロやポップシーンでも
FM音源(厳密にはソフト音源)を耳にする機会が
増えてきました。
 
 
突き刺さるような派手なシンセサイザーサウンドといえば
やっぱりFM音源です。
 
 
 
時代はめぐるんですね。