著作権フリー音源

 
 
 
 
 
著作権フリー音源販売についての
お問い合わせが非常に多いので、
弊社でも販売コンテンツを
近日中に立ち上げる予定でおります。
 
 
 
そもそも、著作権フリー音源とは何かといえば
例えばテレビ番組やラジオ番組に使うBGMから、
個人のサイトや動画配信、
映画やゲーム、コンピュータ業界では
ソフトウェアの音源など挙げればきりがありませんが
簡単に言えば
それらに「自由に使用していい楽曲」のことを言います。
 
「何でもアリ」というわけではありません。
制作者の名義は表記しなければならないです。
これは法律で決まっていて、
著作者人格権というものを守ることは
ルールとして決まっています。
 
 
 
既存の楽曲を使うことは
法的にも予算的にも厳しいので、
特に放送局などでは
著作権フリー音源のニーズは以前よりありました。
 
 
 
しかしこれからの時代、
これまでのように大企業だけのニーズだけでなく、
ベンチャー系の映像制作会社、
ゲームやアプリなどITやWeb関係のプロジェクトなど
より多彩なニーズが生まれて来つつあります。
 
 
マス、メジャーといった概念が
希薄になっていく時代にあって、
本当に価値のある情報とは何か、
有用なコンテンツとは何か・・・
 
誰よりもユーザー自身が
敏感になっていくことは必然とも言えますね。
 
 
そのコンテンツのひとつが
「著作権フリー音源」と言えるでしょう。
 
 
 
例えば、ハリウッド映画に
匹敵する映画音楽を1クリックで買えるとしたら・・・
 
例えば、最先端のサウンド・トラックを
手軽にダウンロードできたら・・・
 
それらを低予算で、
かつ自由に自分の好きなように使えるとしたら・・・
 
 
 
どんな用途であれ、
その音楽を欲している人からすれば
自ら発信する情報や商品、コンテンツや芸術作品に、
圧倒的なスピードで音楽を組み込む事が出来ます。
 
 
 
著作権フリー音源は
限られた業種の限られたニーズだという
これまでのイメージを払拭し打破することが出来れば、
あらゆる分野の表現やクオリティを
音楽が手助けをし、底上げしてくれる
そんな音楽コンテンツに
著作権フリー音源の世界は進化し、認知されていくはずです。
 
 
例えばスマートフォンのアプリ。
 
 
今や個人レベルで制作されているものが
爆発的にヒットし
ユーザーを楽しませているものも多く見られます。
 
アプリ制作はプロ級、
しかし音楽に関してはよくわからない。
音楽制作のオファーをする予算もない。
そこで著作権フリー音源の登場、というわけです。
 
 
その他、運用、応用のされ方は多種多様でしょう。
 
 
本当にレベルの高い著作権フリー音源が
本当の意味で、皆さんのごく身近になる時は
もうすぐそこまで迫ってきています。