趣味としての音楽。

 
 
 
 
 
別コラムでは「音楽に対する意識の高さ」について書きましたけど
 
音楽を楽しむことは、すべての人に与えられたものです。
 
 
だから、メジャーでの活動を目指してプロを目指すのも 素晴しいことですが、 趣味としての音楽をとことん楽しんでいる人もまた 同じくらい素晴しいことだと思います。
 
 
音楽のことを考えているときは、嫌なことも忘れられる、 ワクワクしてテンション上がる! という感覚にプロもアマもないし、個人も企業も関係ないのです。
 
 
むしろどの世界でも 趣味を仕事にしてしまう方が、 苦しく険しい道が待っているものです。 趣味のままにしておく方が、 はるかに楽しいし幸せだったりすることもあります。
 
 
 
僕は車が大好きで 寝食を忘れるほど車に熱中してしまうことがあります。
 
そんなときは、嫌なことも いっぺんに吹っ飛んでしまいます。
 
 
でももし、車を仕事にしていたら、 車に対する気持ちやテンションも きっと違っていただろうなって思います。
 
 
だから、趣味として音楽を楽しむことの素晴らしさを 僕はたくさんいろんな人と共有することが好きです。
 
 
むしろ、忘れていた音楽の楽しさを 教えられることもあります。
 
 
趣味として音楽を楽しむことは、本当に素晴しいことなんです。