共感覚。

 
 
 
音が色で見える。
 
 
今までずーっとそれが当たり前だと思ってました。
 
 
それを共感覚っていうことをけっこう最近知りました(笑)
 
 
美しい曲ほど、その色調もまた美しいものです。
 
 
僕がシンセサイザーという楽器に惹かれたのは、
その色調が無限にあるからなんです。
まるで万華鏡のように、音が違えば色も違う。
 
 
だからこそ、緻密に精密に作らなければ、
色が美しくなくなる。
 
 
歌も、人それぞれ色が違います。
何色とハッキリ言えない色から、
深紅の赤そのものと言えるものまで様々。
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと違うけど、大体こんな感じです。
この映像が時間と共に動いていく感じ。
 
 
 
 
 
 
 
僕が曲を作るときは、まず色で考えます。
或いは想定した色になるように、
メロディーやサウンドを作っていく感じです。
 
そしてなぜか一致するんです。
みんなが好きな音と、僕の好きな色が。
 
 
色で見えなければ、みんなはどんな風に音が見えてるんだろう??
 
 
 
不思議だ。