制作料金について。

 
 
 
弊社の音楽制作コンテンツの提供に関する価格について
質問をいくつか頂くことがあります。
 
 
 
「音楽制作の価格相場がよくわからない」
 
「追加料金などあるのでしょうか・・・」
 
 
 
等々、たしかに音楽制作の価格って
一般的に知られていないですよね。
 
 
 
でもここではっきり言いましょう。
弊社の制作料は安いのは間違いないです。
でも、安すぎる制作料ではありません。
 
その理由は こちら
 
ただ単に安すぎる制作料は危険さえ伴うので、
しっかりとした事業や音楽活動を考えておられる方には、
絶対にやめておいた方が良いです。 
 
 
  
参考までに、僕の経験上、
メジャーでのギャランティーの相場というと・・
 
1曲アレンジをしたとします。
 
 
だいたい150,000円~400,000円ですね。
 
 
 
プロジェクトの大小や予算によって
バラツキはありますけど、だいたいそれぐらいです。
 
インディーズなど規模のちいさい案件の場合でも
100,000円~250,000円の間くらいです。
 
 
 
これはあくまでもメジャーでのお話ですが、
だいたいこれくらいがアレンジャーとしての相場です。
 
 
これらの制作料は何となく決まっている訳ではありません。
使用機器、使用音源、人件費、業務用ライブラリーなどなど、
商用に向けた音楽制作に必要なプロセスから
算出されたものになります。
 
 
この中で最もかさんでしまい、
最も削るべきなのは人件費です。
 
楽曲のクオリティーに直接関係のない、
例えば楽器や音響機材の運搬、
アシスタント業務や受付業務、
これらの無駄な人権費をバッサリと削れば、
楽曲品質を保ったまま
もっと安く提供出来るわけです。
 
 
オンラインベースであれば、
データや音源をやり取りすれば間違いないので、
専門知識もあやふやな担当者が
打ち合わせに出向く必要もありません。 
実はかつては一番これが
制作料を跳ね上げてしまう要因でもありました。
 
中間に入ってしまう人間や無駄なプロセスを
いかにスリムにするかということは、
制作料に直結しますからね。
 
そして、高いクオリティーは維持したまま、
限界まで無駄を削ぎ落としたのが、
弊社の制作料になります。
 
 
その安さの理由は、
先日のコラムにも書きましたけど
ベンチャー企業や
個人レベルのミュージシャンの想いを
大事にしたいからです。
 
 
パーソナルなレベルでは
音楽に投資できる金額には限界があります。
 
 
だから出来るだけ可能な限り
安くご提供させてもらっているんです。
 
 
 
 
いつまでこの価格でご提供できるかはわかりませんが
 
 
ひとりでも多くの人の力になれればという想いから
生まれた価格なのです。