CD不況=チャンス到来。

 
 
 
 
CDの売り上げ枚数が
下がっているというニュースは
今や珍しくもなんともないですが、
これは「レコード会社一強時代の変化」
ということであって
メジャーにのみ許されていた巨大音楽ビジネスが
インターネットの力と
音響技術の目覚ましい進化のおかげで、
プライベートレーベルあるいはアーティスト個人にまで
「分散」「細分化」しながら
広く波及している現象ということなんですよね。
(そこに言及しているニュースはまだまだ少ないです)
 
 
アーティスト個人で活動・運営しているのであれば
売り上げは直接手にできますし、
海外でも評価されればさらに収益は数倍に膨らみます。
ライブもやるなら興行収益も見込めます。
 
先日のコラムで書いた
本業+副業(音楽)や本業+本業(音楽)で
活動している人であるなら、
本業と合算して実際結構な収入になっているでしょう。
 
 
リアルなところでは
多くのアーティストにとって、
1万は厳しくとも1,000であれば
現実的な数字だったりします。
 
 
鍵となるのは「細分化」という現象です。
これはジャンルの細分化と共に、
「好みの細分化」が進んでいるとみて良いと思います。
 
かつてのメジャーのJ-Popは
「みんなが好き」ということが大前提でした。
みんなが好きの「みんな」は
実は音楽そのものには
さほど興味のない層だったりします。
 
 
「ドラマで流れてたから」「歌番組で見たから」
「音楽はレンタルで十分」「あの人かっこいいよね」
これらの層の人たちは細分化された音楽とは
まったく無縁の所にいます。
 
 
1,000枚売れたらと言いましたが、
その1,000人は音楽なしには
生きられない人たちです。
音楽が好きで好きでしょうがない人たちです。
一度ファンになればどんどん新しい曲を買います。
 
それはなぜかと言うと、
聴く度に楽しくてしょうがないから。です。
「すげー」「かっこいい」「やべえ」「最高」
 
これが純粋なところでの
音楽の醍醐味ってやつです。
主題歌だからとかまったく関係ないんです。
 
新しいジャンルの掛け合わせだったり、
音質マニアだったり、音色フリークだったり
特定のジャンルにのみ反応する人たちだったりするからです。
あるいは自分が関わりのない遠いメジャーの世界ではなく、
等身大の音楽にリアルを感じたいというファンもいるでしょう。
これもある種のジャンルみたいなものと
言って良いのかもしれないです。
 
 
ボカロ曲がウケたのは、
反メジャーや脱メジャーの香りが
ニコ動全体に立ちこめていたからです。
でも皮肉的というか興味深いのは、
ウケるボカロ曲はほとんどの場合、
メジャー的なコード進行や構成に依っていたりする点です。
人間の好みや感情は生体反応みたいなものですから、
そうは変わらないんですよね。
 
 
 
つまり、
「メジャーの完成度で、脱メジャーの音楽」
であることが
1,000人に訴えかける可能性を生む
ということが言えると思います。
 
 
 
売り上げ枚数で言えば、
レコード会社には
何百人から何千人の社員がいますから、
何万枚、何十万枚というCDを売り上げなければ、
社員の給料は到底払えませんし、
アーティストマネジメントの維持も難しくなります。
 
損益分岐点(リクープといいます)も
当然高いハードルになります。
5,000枚から1万枚売れてトントンか赤字、
出来れば5万枚、あわよくば10万枚、
音楽を握手券などを絡めた
グッズとして売って100万枚。
 
アニソンやアイドル曲が多勢を占めるのは
当然のことなんです。
売り上げ枚数がすべてなのが
メジャー業界なわけですから。
 
音楽性よりも売り上げ枚数を稼ぐためには
アニソンやアイドルと強く結びつかなければ
経営が成り立たなくなります。
レコード会社としたら音楽性を重視して
1,000枚の売り上げ程度じゃ
とてもやっていけないということになるからです。
 
でも1000枚の売り上げだったとしても
会社運営を気にする必要のない
アーティストにとってみれば、
中間業者の存在しない
「アーティスト直」の売り上げであるなら
十分現実的な収益だと言えます。
売り上げ=アーティストの収入になるわけですから。
何よりも自由な表現、
何にも縛られない活動に注力することが出来ます。
 
 
メジャーの在り方、音楽ビジネスの在り方が
すでに根底から変わっているということを
僕らは認識しなければいけないということです。
 
 
 
テレビ一強時代、メジャー一強時代からの
今は過渡期ですから、
まだテレビの後追い、
メジャーの後追い的な動きもあるにはありますが、
この先どんどん自己発信型の音楽が
あふれていくはずです。
「才能を世に問う」という音楽の本来あるべき姿に
戻っていくとも言えると思います。
 
 
モーツァルトの時代、
音楽を熱心に求めていた層は
もっぱら貴族階級でした。
王族や名家の諸侯たちは、
こぞって作曲家と契約して豪勢なコンサートを開いたのです。
それは自らの権勢を振るうため、
立身出世のための手段という側面がありましたし、
音楽は宮廷内の政治的な影響力さえあって
政治や文化の一翼を担っていたのです。
 
今の時代は王侯や貴族なんていう階級は
少なくとも日本には存在しませんけど、
自分が音楽を楽しむためならいくらでもお金を使う !
という言ってみれば
「音楽貴族」のような層は確実に存在します。
 
その人たちはいつでもどこでも
音楽に触れていたいという人たちですし、
仕事中だろうと、ランニング中だろうと、
ドライブ中だろうと関係ありません。
音質を求めて引っ越しするオーディオマニアだっています。
(極端な例ですが)
 
その音楽貴族にどう訴えかけられるかが
今後の音楽の世界では
重要な要素になってくるんじゃないかと思います。
 
レンタルとか動画で音楽は十分、
という層は音楽貴族ではないです。
その層にはどう訴えかけてもピクリともしないはずです。
なぜなら長年、大レコード会社さえ
手を焼いているんですから。
 
大量消費の時代は終わって、
これからは特定消費の時代とでも言うんでしょうか、
様々な嗜好を持っている
それぞれの特定の人たちのために
それぞれ細分化された音楽が
その数だけ作られていく時代になるということです。
 
これは音楽の本来あるべき姿と
言うべきだと思います。
 
大量消費の音楽ビジネスでは
売るためにどうしたって
最大公約数的な「だいたいの人が好きな感じ」に
薄められてしまうわけで、
「どれも似たようなテイスト」になるのは
必然だったんだと思います。
それにとうとう飽きられてしまったということなんですよね。
 
「ネットの方が面白いじゃん」っていう。
 
 
 
昔(10年くらい前まで)と今現在の
アーティストの在り方の違いを
例えるならこんな感じですかね。
 
 
デビューしてテレビ出て活躍だ!
オレを見てくれ! ← 昔
 
 
オレが好きな音楽、
もっとたくさんの人と共有したい ← 今
 
 
 
 
ところで、現在オリコンなどの集計で
CD売り上げを担っているほとんどは
アニメやアイドルありきの音楽になっています。
つまり音楽が主体ではなくて、
あくまでもアニメやアイドルに
副次的に寄り添う形で
売り上げ枚数を維持しているという形態です。
 
アニメやアイドルも音楽とは
別の日本独自のカルチャーなので
今後の動向には注目していこうと思っていますが、
音楽だけで成立する音楽、つまり主役としての音楽は
どこに行ってしまったのでしょうか??
 
 
主役たり得る音楽の減少分は、
まさに皆さんの手の元に舞い降りてきた
新たなチャンスの分ということになります。
 
音楽だけで成立する音楽を
メジャーは手放しつつあります。
ネット時代の到来で、
手放さざるを得なかったと言った方が
良いのかもしれません。
 
だからこそ、いまだかつてない
チャンスの到来だと言えるのです。
 
 
音楽だけで成立する音楽を、
いよいよ我々が個々に、そして自由に、
表現する時代に突入したということです。
音楽そのものを欲している人たちに音楽の熱を届けて
その熱を共有するという在り方です。
 
 
歌を届けたいなら、
自分でしっかりとした曲を用意すればいいでしょうし、
曲を作れないなら、
歌の才能を引き出してもらえる曲を
書いてもらえばいいし、
自分だけのダンスパフォーマンスを
世界中に見てもらいたい人なら、
映像に長けたプロに撮影をオファーしたり、
自分のパフォーマンス曲を用意したり、
考えつくことすべてがその人だけの
オンリーワンの道になっていくでしょう。
 
 
まずは自分の力量を見極めることが
道に踏み出す第一歩かもしれないですね。
間違っても何かを惜しんで
半端なことだけはしない方がいいです。
 
 
無料や格安で有能な人が集まるでしょうか? 
集まりません。
 
ソフトは無料で固めてますけど?  
違法だろそれ。
 
俺さえ良けりゃいいんだよ 
→ そんな人間、誰が応援するんだよ
 
 
音楽もYouTuberも実は根っこの部分は
何も変わらないんです。
「俺を見てくれ」っていうだけの
YouTuberを誰が見たいでしょう。
動画は良い感じだけど実況が下手な
自己満のゲーム動画…見てられないですよね。
 
「誰かのためになる動画」
「誰かを驚かせる動画」
「誰かをほっこりさせる動画」
「誰かを感動させる動画」
 
人気のある動画はみんな
「誰かのため」に作られています。
 
 
音楽はとかく「自己満」になりがちです。
「俺を見てくれ」「あたしを見て」になりがちです。
それはそうです。音楽なんてものはエゴの表現なんですから。
そこを一歩引いて冷静な目で
確かめてみることはすごく大切だと思います。
 
リスナーは喜んでくれるかな?
曲を買ってくれた人は驚いてくれたかな?
 
YouTuberが動画見てくれるかな?、
とさほど違いはないはずです。
 
撮影は誰それにカッコよく撮ってもらおう、
絵は誰それに描いてもらおう、
ナレーションも頼んでみよう…
そうやって人と人のつながりの中から
面白い人気動画が生まれてくるのです。
 
人とのつながりをとても尊重してるから、
見てる人の心に届く
とも言えるんだと思います。
 
力を貸してくれてありがとう ! 
みんないろいろありがとう !
おかげで面白い動画が出来たーっていう空気って
不思議と伝わってきますよね。
 
 
「俺が儲かればいいんだよ」
「あたしが目立てばそれでオッケー♥」
そんな動画は間違いなく
クソ動画として消えていきます。
 
 
「誠意ある所に人とチャンスはやってくる。」
人生を謳歌している人すべてが
必ず口にする言葉だそうです。
確かに成功している人ほど人格者なんですよね。
 
逆に言うと、嫌なやつは100%消えていく。
それはなぜか? 
 
誰も力を貸さなくなるからです。
誰も応援しないからです。
 
 
人生最後に勝つのは、
誠意っていうことなんだろうなあ。
深いなあ…
 
 
 
 
 
ここまで音楽産業が変革を迎えた時期は
ありませんでしたし、
ここまで多くの人にとってチャンスとなった時代は
過去に見当たりません。
まさに未知の領域です。
 
 
時代の過渡期ゆえに、
CD不況=音楽の衰退と誤解されることがありますが、
これはあくまでもメジャー側から見た
マスコミ的解釈であって、
アメリカでもヨーロッパでも、
そして日本でもアーティスト個々の活動は
目覚ましいものがあります。
海外では特に動きが日本より早いので、
桁違いの年収のDJだったり、
ネットで発見されるとてつもない才能だったり、
非メジャーな音楽の力は益々増大していくばかりです。
いまだかつてない出来事です。
 
 
 
そして近いうちに言われるはずです。
その非メジャーが今やメジャーであるということを。