楽曲配信について。

 
 
曲が形になったら多くの人に聴いてもらいたいですよね。
 
 
まず考えられるのが、楽曲配信です。
 
 
自分の楽曲を直接リスナーに聴いてもらうわけです。
もっと言えば、きちんと商品として「売る」のです。
 
 
まずは、最もポピュラーな現在の音楽配信といえば
みなさんも利用されていると思いますが
i-tunes store でしょう。
 
 
では、i-tunes storeで配信するにはどうすればいいのか。
 
 
一般にアグリゲイターといわれる流通や
ディストリビュート等を請け負う専門業者に
楽曲を登録することから始めることになるかと思います。
 
例えば、 viBirthです。
 
 
 
ここへ完成した楽曲を預けて、
売るための手筈を整えるわけです。
 
楽曲を売るということは
つまり「音楽ビジネス」ですから
配信や楽曲マネージメントをしてもらう代わりに
自分の楽曲や活動に
自己投資する必要が出てきます。
 
とは言っても月に数千円だったりと、
現実的な料金システムになっていると思います。
 
 
もちろん、 MyspaceYouTubeなら
すべて無料で楽曲をアップロードして、
プロモーションすることが可能です。
 
しかし、やはり無料で出来ることには
限界があるのもまた世の常です。
 
 
あくまでも音楽ビジネスとして考えるなら、
これらの無料媒体は
自分自身のサイトや配信サイトに導くための
ツールとして使うのが現在の主流でしょう。
最近で言えばデジタルサイネージや
広告バナーなどと同じ考え方です。
 
無料で使えるところには、
たくさん人が集まってきます。
そのすべての人に訴えかけることは、
どんな分野でも不可能です。
少しでもニーズのマッチする人を
自分のエリアに導くという図式ですね。
 
 
少し、話がそれますが
現在の潮流はMyspaceやYouTubeをはじめ、
手軽に作品を発表できる機会が増えてきて、
質の高いものから、決してそうとは言えないものまで
実に様々な音源や動画があふれています。
 
現在の質の善し悪しに関わらず、
横一線に作品群が並んでいる状態から、
やがて競争原理が働き、質の低いものは淘汰され
本当に面白いもの、
これなら聴いてもいい買ってもいいというものに
ユーザーの意識が集約されていくに違いありません。
 
今はその過渡期かもしれませんね。
 
 
これはあくまで「楽曲を売る」という
音楽ビジネスにおいてのお話ですが、
楽曲を売るからには、アイディアもサウンドも
ぬかりのないものにしたいものです。
 
そうでなくては、リスナーは喜んでくれませんし、
ましてや立ち止まってもくれません。
音楽にしても動画にしても、
ユーザーはより高いクオリティのものを貪欲に探します。
これはどの世界でもそうですよね。
おいしいレストランを見つけたら、
また食べに行きたくなるのと同じです。
格好良い服を見つけたら、
またそこで買おうと思うはずです。
 
時代は違えど、いつの時代も
「いいものは買いたい」という心理ですね。
 
 
他のアグリゲイターを挙げますと
 
 
router.fmなども
積極的な配信展開をされているところです。
 
 
みなさんもよく利用されている所があるのではないでしょうか。
 
まだ比較的、新進のアグリゲイターのようですが
運営元はボーカロイドでおなじみのクリプトン社です。
 
あとは、 BOUNDEEなどは
登録料などはかからないようですが、
審査や契約といった流れで
気鋭のアーティストと提携しているようです。
 
 
自分でレーベルを持っていたり、
これから立ち上げを考えている方などには
いいかもしれませんね。
 
クラブミュージックをメインに活動されている
アーティストさんやレーベルさんなら
Beatportでの配信は考えたいところです。
なぜなら世界中のクラブミュージックの先端が
Beatportに詰まっているからです。
 
 
 
viBirthやrouter.fmなどはBeatportとも提携しているので
面白い展開が出来るかもしれませんね。
 
 
ここまで楽曲を「売る」という音楽ビジネスに特化して
お話をさせて頂きましたが、
音楽は「売る」だけのためにあるものではありません。
 
素敵な楽曲を家族に聴かせたい、
地域のために役立てたい、
誰かのために届けたい
 
という純粋な想いで伝えていくのもまた
本当に素晴らしいことだと思います。
 
 
音楽とは、そういうものだと僕は思います。