音楽制作のワザ。

 
 
 
 
曲を作るときは、リズムやベースなど
 
「下から」作った方が断然いいものになります。
 
 
なぜかというと、それらは曲の骨格だからです。
 
 
生き物だって骨格が出来上がってから、
カラダが完成していきますよね。
 
 
 
以前コラムで共感覚について書きましたけど、
音が色で見えてしまう僕としては
 
ベーシックとなる色調を
まずキャンバスに描きたくなっちゃいます。
 
絵だったら
いきなり主役の鳥を描くんじゃなくて、
背景の山脈や
構図を安定させる湖を描いてから、
主役を描き始める、そんな感じです。
 
 
 
骨格から曲を作ることを意識出来るようになると
完成型のあり方も俄然変わってきます。
 
 
まだ曲作りの初心者のうちは、
派手な音に意識が持って行かれてしまいがちなので、
俯瞰した音作りのストーリーを
頭の中で構築できないんですね。
 
 
木を見て森を見ず、ですね。
 
 
 
それに加えて
砂上の楼閣っていう言葉がありますけど、
まさにそんな感じでもありますね。
 
 
基礎がグラグラだと、
どんな立派な建物も倒壊しちゃいます。
 
 
 
「下支え」のクオリティを高めていくと、不思議と
曲全体のクオリティもグッと増します。
 
派手ではない地味なパートを構築していく事は、
最初はきっと辛い作業にさえ感じると思います。
でもこれをモノにしているかいないかは、
後になって如実に効いてきます。
 
 
 
ビートプログラミングなどの曲作りのワザは色々あるので
また近いうちにコラムに書きますね。