進化するテクノロジー。

 
 
 
 
 
最近はテクノロジーの進化によって、
曲を作って形にするのが昔に比べて
ずいぶん楽になりました。
 
でもその「楽さ」が1番の敵なんです。
 
楽なことは、他のみんなも簡単にできる。
 
 
でもプロの世界は、
その一歩も二歩も先に行ってるものなんですね。
だから、機材をそろえたのに
なぜかCDみたいにかっこよくいかない、
ということはよくあることです。
 
 
もちろん機材も大事なんですけど、
活躍しているプロの人たちって、
サウンドに対する感覚がやっぱり普通じゃない。
この音はこうするべきだっていう
対処の仕方が早いし鋭いんですね。
 
 
 
だから進化した機材に振り回されることなく
むしろ逆に最先端の機材をすぐに道具にしちゃう。
 
 
 
結局、どんなに優れた機材でも
人間の感性や才能には、かなわないんでしょうね。