トラック。

 
 
 
 
僕もクラブミュージックは大好きなので、
 
この「トラック」という言葉が
もっと世間に広まるといいなと思っています。
 
 
トラックとは、サウンド・トラックのトラックのことです。
またはバック・トラックのトラックです。
 
 
 
海外のR&BやHIPHOP、HOUSEなどは
歌を作る前にまず
バック・トラックを先に作るのが通例です。
 
 
先に歌を作ると、
歌ありきになりすぎてしまうので
コード進行やサウンドデザインも
決まってきてしまうんですね。
 
 
トラックが先だと、
サウンドメイキングの自由度は限りなく高いし、
何も縛りのないところから作られるので、
必然的に作り手のセンスや世界観が
如実に反映される音楽になります。
 
 
歌は泳ぐように、
その濃い世界観を美しく駆け抜けていく。
 
 
 
日本にも「トラック」という概念がきちんと根付くといいなと思ってます。