NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
ネクストデザイン

音楽で生きていく。

音楽だけで生活して行くには。


 

音楽だけで生きていくにはどうしたらよいのでしょうか?
 
 
今の時代は何かの仕事をしながら音楽の仕事もこなす二刀流の使い手が増えています。
非常に合理的で今のデジタル時代に則した新しい考え方だと思います。
 
ですがここでは、「音楽だけで」生きていく方法を記しておきます。
よく本屋に並んでいる綺麗事を並べただけの音楽教本に書いていないことを書いておきます。
 
 
まず音楽をよく知らない人でも考えつきそうなことでもありますが、
アーティストとしてバンドとして活躍して生きていく方法があります。
 
アーティスト活動


今はレコード会社や事務所に所属しても、昔のようなCDセールスが難しくなっている現状がありますから、仮に売れたとしても一時的であったり、 当月の収入さえ見えないような現実が待っていることもあるでしょう。
 
所属や契約に憧れて、いざメジャーデビュー出来てもその先の保証なんてありません。1年2年でクビになるか、飼い殺しにされてしまうか、フタを空けてみなければわかりません。
 
たとえ紅白に出演してもその後音楽で生活できなくなってしまった人は数えきれないほどいるのが現実です。しかし、アーティスト活動に心血を注げば、わずかながら音楽だけで生きていくという道は残されています。ただ、人生そのものを突っ込む大博打になってしまうかもしれません。のるかそるかのギャンブル性は間違いなくあります。
 
 
それならば、先述の二刀流で音楽活動した方がよほど賢い今的な選択です。安定というもう1つの刀があるわけですからね。その安定があれば冒険的な音楽活動にだって挑戦できます。
 

 
ギタリストやピアニスト、バイオリニストなどプロの演奏家ならどうでしょうか?
 
ギタリスト

 
アーティスト活動よりは演奏という技術に依存しますので、
運に左右されることも少なくかなり安定性が出てきます。

プレイヤーの特性からか、やはりバンドや楽団などのアンサンブルでの音楽表現を好むことが多いのも特徴的です。 たとえ採算度外視であっても、技術で安定的に稼ぐその一方で、自分の本当にやりたいバンド活動をやったりする人もいます。
 
ただ安定的に演奏家として稼ぐには卓越したスキルは絶対条件です。
演奏が神の領域にあればオファーは引く手あまたでしょう。

メジャーインディー問わずツアーだ、レコーディングだ、全国をあちこち飛び回って演奏だけでサラリーマン以上の年収を稼ぎ出します。

しかしその一方で、コンピュータや音響技術の進化が彼らを苦しめている現実があるのも確かです。生演奏より打ち込みの方がクオリティーが高いというケースも、もはや珍しくなくなってきましたからね。
とはいえ、ライブやコンサートのドライブ感は生演奏ならではのものです。
そのニーズがある限り演奏家としての仕事は今後もなくならないでしょう。

演奏家として、あるいは講師、インストラクターとしても活動するという方法も現実的な道としてあると思います。
 
曲制作に使用されるギター音源やドラム音源など、言ってみれば商売敵とも言えるデジタル業界のソフトメーカーからの演奏仕事なんていうのも海外では多くあったりします。演奏の断片のサンプリングや、フレーズのレコーディングなどの業務です。
 
ドラム音源

 

デジタルだから敵という考え方ではなくて、アナログもデジタルもそれぞれに良さがあるので、互いに手を取り合って面白い音楽やろうぜっていうノリですよね。日本もそうなっていくでしょうし、これからの時代、凝り固まった石頭は自分を滅ぼすことにもなるので、音楽「だけで」生きていくには柔らかい発想も大事になってきます。
 

 


ボーカリストとしてならどうでしょうか?
 
ボーカリスト


ボーカルと言えばアーティストやバンド活動というイメージが強いですが、
手堅く収入を得ていく1つの方法としてレコーディング業務があるでしょう。

 
テレビやラジオ、ネットやゲーム、巷で歌が流れているのはなにもJ-Popだけではありません。むしろ最近では「歌仕事」のフィールドは多岐にわたっています。

 
CMソング、Web、プリプロ、ゲーム内楽曲、アプリ…などなど。

プリプロというのは作曲家などがデモ音源のボーカルとして起用する「仮歌」と言われる歌仕事です。
 
昔はレコーディングスタジオにボーカリストが呼ばれて、
そこで歌録りをして仕事完了という流れが当たり前だったのですが、
最近の傾向としては、ボーカリスト自身でレコーディング環境を整え、
自分で録音、編集、納品までをこなすタイプが増えています。
歌だけでなくナレーションの仕事もこなす人だっていますね。
 
そうした手堅い収入を得つつ、一方で自分が形にしたい音楽をやるスタイルというのは、演奏家たちの考え方と近いかもしれません。

ただ、ボーカルは演奏や曲制作に比べて比較的単価が安いことが多いです。
特殊な訓練や長い修行期間をあまり必要としない分だけボーカル人口も多いため、必然的に単価は下がっていく傾向にあるということですね。
 
それゆえ、歌仕事は数が勝負になってきます。
歌いたくない曲だってあるでしょうし、どんな曲も仕事として歌いこなさなければならないので、ボーカルと言っても華やかなイメージと違って、なんだか夢がないなあと思われた方もいるかもしれません。

でもこれがボーカリストが音楽を生業として生きていくということです。
アーティスト活動やバンド活動といういわば博打を、こうした手堅い現実で支えているというスタイルですよね。
 
何の思い入れもない会社に嫌々勤務するより、大嫌いな上司の顔色をうかがうよりは、好きな音楽で稼げるわけですから遙かに幸せだという考え方です。少なくとも毎朝満員電車に乗る必要はありません。
 
ただし、締切は命よりも重いです。
約束や納期は自分の命よりも重いという大テーマは、音楽の仕事すべてに言えます。普段から遅刻しがちな人や、ドタキャンしても平気なタイプの人は音楽家にはまったく向いていません。才能も大事ですが、人としての信頼こそすべてだという考え方は音楽で生きていく上で絶対的な鉄の掟だとも言えるでしょう。
圧倒的な自由と引き換えに、圧倒的な責任がのし掛かってきますからね。
 
音楽の仕事というものは華やかな面だけでなく、こうした現実的な側面をしっかりと知るということが非常に重要です。
 
レコーディング業務の他には、例えばボイストレーニングの講師だったり、
歌が必要とされている所には必ず歌の仕事があります。
初音ミクの「中の人」だって、膨大な数のボーカル素材のレコーディングを 歌仕事でこなしています。ソフト開発メーカーのオーディオ・サンプリング業務という、想定していなかったような歌仕事があったりするものです。
 


クリエイターならどうでしょうか?
 
クリエイター


結論から言えば、最も音楽で安定的に稼げるのはクリエイターです。

あらゆる音を作ってしまう人たちです。ここには作曲や編曲も含みます。
コンピュータや機械は全然ダメ、メロディーをピアノで考えるだけという作曲家はプロの世界ではすでに淘汰されてしまいました。
 
サウンド構築>作曲だという認識を持てるクリエイターは、普通のサラリーマンが5人6人束になっても勝てないくらいは手堅く稼いでしまいます。
もはや作曲はサウンドに内包されている一要素に過ぎないという認識です。
海外では当たり前の認識ですよね。
 
編曲家のみとなると歌に特化してしまっている分だけ、劇伴やBGMなどのサウンド・クリエイターよりも安定性という意味では弱いかもしれません。

前者はレコード会社や音楽事務所の庇護の下にあることが多く、後者はゲームメーカーやCM制作会社の社員だったりすることが多いかもしれませんね。

歌に縛られてしまう、特定の業界に縛られてしまうという怖さはありますが、ギャラや月給で比較的安定的な収入は得られるのも確かでしょう。
 
一方で独立系のクリエイターは当然編曲も出来ますし、作曲もBGMも劇伴も速攻で形にしてしまいます。このタイプのクリエイターは海外では当たり前でも、まだ日本では少ない印象です。稼ぐ額も近年の作曲家編曲家、あるいはサウンド・クリエイターよりも大きいことが多いのは、まだ日本ではあまり知られていないことかもしれません。年収2,000万、3,000万は優に超えていきます。

このタイプのクリエイターたちは作れない音楽はないくらいの領域にありますから、あらゆる業界から多くのニーズがあるのは当然のことなのです。この世界から音楽そのものがなくならない限り。
 
玉石混交のネット時代に500円、1,000円の小遣いを稼いでるだけの有象無象の自称クリエイターと一線を画すには、神の領域にあるセンスと才能、たゆまぬ努力が必要になるのも確かでしょう。この点では演奏家の神スキルと同じです。
 
J-Popがアイドルやアニソンばかりになったから音楽は終わりなんだ、と言う人がいますが、むしろ逆です。音楽はJ-Popだけではないのです。

これから先は間違いなく「個の力」がモノを言う時代です。

メジャーがひとつの終焉を迎えただけで、音楽の仕事の多様性は昔より遙かに大きく広がりました。音楽=メジャーのように発想が止まったままの人は、音楽だけで生きていくのが難しくなったとも言えます。
 
この編曲コラムで紹介しているような編曲スキルは、音楽を作る力のほんの一部に過ぎません。いつも新しい手法に対する好奇心を絶やさず、才能と信頼を武器に試行錯誤を繰り返せる人こそ、音楽だけで生きていける人なのです。
 
 
「作曲家になるには」というコラムも 参考になればと思います。
 
作曲家になるには。
 

編曲について

編曲の方法

 

編曲
テクニック

 


 
コード進行

コード進行

コード進行

コード進行

 

デモ音源

せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。   生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。

1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。


ハイテンポなガールポップ/アイドル曲。カラフルなシンセや、ギターやベース等のバンドサウンドは全パート最新鋭のオールプログラミングで構築。

現在・過去・未来と時間を行き交うように、EDM通過後のブレイクスからレイヴ、ハウスを経て、ダブステップやシンセポップへとサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声によるもの。