NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
ネクストデザイン

音に予算を注ぎ込め! 


 
音色を増やしまくれ。

 

マルチ音源の功罪。 

 
予算がない場合、たくさんの音色が入ったソフト音源を選びがちです。
例えば、NativeInstrumentsのKOMPLETEシリーズなどが有名ですよね。
 
 
結論から言うと、これはクリエイターとして所有していなければなりません。
ただし、主力にしてはならない。

 
なぜかというと、音色が広範囲に網羅されている場合、音色一つ一つのクオリティーが弱いからです。確かに、ピアノ、ストリングス、オルガン、ギター、ドラム、ベース…いろんな音がこれでもかというくらいにギッシリ詰め込まれています。
でもその一つ一つの音を見ていくと、どれも少しずつ弱い。点数で言うなら60点~70点というところでしょうか。使えなくはないが、主力で使うべきではないクオリティーです。
 
しかし、所有していなければならない理由は、KOMPLETEシリーズはシンセが強い。NativeInstrumentsというメーカーは昔からシンセに強くて、「Massive」「ABSYNTH」「FM8」など数々の名機をリリースしてきました。
 

massive1

 
特に「Massive」はEDMを生み出したと言えるほどの名機です。それら強力なシンセは必ず所有していなければなりません。シンセの音が好きだろうが好きでなかろうが、サウンドクリエイターとして必ずマスターしていなければならない音源のひとつです。
 
それと大事なのが、モンスターサンプラー「KONTAKT」の存在です。
 

kontakt

 
世界標準のソフトサンプラーと言ってもいいKONTAKTは、あらゆる楽器のプレイバック音源として使われます。ピアノ、ストリングス、ベース、ドラム、パーカッション、シンセ、効果音、あらゆるサウンドをプレイバックするサンプラーとして必携となりますので、必ずマスターしなければなりません。
 
 
KOMPLETEシリーズを所有していなければならないもうひとつの理由は、それぞれの音色を「部分的に使える」からです。
 

NI
 

例えばストリングスなどは、独自の「アルペジエーター」が搭載されていて、弦楽器の生演奏と遜色ないレベルでフレーズを作れますが、それだけでストリングス全編を押していくのは厳しい。あくまでも部分的に取り入れるという方法にとどまると思います。
 
マルチ音源は手っ取り早くサウンド作りの世界に入ることができるので、多くの人に楽曲制作の間口を広げたという功績があると思います。その反面、あまりにも多くの音色を使いこなせないばかりか、60点の音楽で満足してしまうクリエイターを増やしてしまいました。実際の問題として60点では音楽の仕事は回していけません。
たくさんの音があるのに「出来そうで出来ない」「やれそうでやれない」このジレンマに苦しんで脱落するクリエイターを増やしてしまったのは罪かもしれないです。
 
 

あらゆる楽器の専門音源を使え!

 
マルチ音源はあくまでも武器のひとつです。小道具くらいの感覚です。
音のクオリティーを上げるにはその楽器専門の音源を導入する事が絶対条件です。
 


ピアノ 

 
昔からプロの間で定評のあるSynthogy社の「Ivory」シリーズ。
 

ivory
 
ユーザーインターフェースはなんだか冴えないですが、出音はとても素晴らしいです。
多くのプロが愛用するピアノ音源です。
 

XLN AudioのAddictive Keysシリーズも出音の良さが即戦力となるでしょう。
 

AP
 
これ以外の素晴らしいピアノ音源がたくさんあります。また別の機会に紹介していきます。
自分が「いい!」と思う音源をこれでもかと言うぐらいにどんどん増やしていってください。それが積み重なってその人のオリジナルカラーになっていきます。
 
 

ドラム

 
 
ドラム音源の御三家といえば、
 

BFD3
 
BFD3
 
 
Addictive Drums2
 
AD2
 
superior drummer2
 
S2.0
 
この3つの音源が挙げられると思います。
それぞれ一長一短ですが、組み合わせて使ったり、ミックスで音色を追い込めば、生ドラム演奏を生録しなくても、これらの音源で事足りることでしょう。
 
あとは好みに合わせて別のドラム音源も用意して、音色のバリエーションを増やすことが肝要です。
 
 

リズムトラック

 
TR-909系のキックやスネアなどデジタル系のリズムトラックを構築する時は、KONTAKTなどのソフトサンプラーを使って、最新のサンプルライブラリーにアップデートし続けることです。
 
どの音色ライブラリを取り入れていくか、ここからすでにサウンドセンスが問われます。最先端の音、レトロフューチャー、音質、ヌケ感、これら音の要素を一瞬で判断出来るかどうかがクリエイターの力量に直結します。
 

12000_oneshot
 
 
あるいは、ドラムマシンのソフト音源でリズムトラックを組み立てても良いと思いますが、その場合はループ感やテクノ感の強い曲などに取り入れると良いと思います。

 

SparkDr
 

ベース

 
ベース音源はクリエイターの趣向が出やすいところです。曲が新しいか、古くさいか、あるいはスタンダードでエバーグリーンか、そういった印象を聴き手に与えやすいのがベースというサウンドセクションだったりします。
 

Bass1

 
premier soundfactoryは日本の音源メーカーですが、音色センスがとても素晴らしいと思います。音の主張が強いのに曲になじむというサウンドのバランス感が秀逸です。
 

Bass2
 
AMPLE SOUNDのベース音源も出音が良く、音の隙間のニュアンスに雰囲気があって、一聴しただけでは生なのかプログラミングなのか区別がつかないくらいです。
 

ギター

 

SHREDDAGE 2シリーズやAMPLE GUITARシリーズをはじめ、

 
Guitar1
 
Guitar2
 
Prominy社のV-METALやHummingbird、
 
Guitar3
 
PettinHouseやVir2のギター音源、
 
Guitar4
 
Guitar5
 
Native Instrumentsのアコースティックギター音源やストラト系、
 
Guitar6
 
Guitar7
 
曲調や求めるサウンドの方向性によって様々なギター音源を使い分けていく必要があります。
 
VIRTUAL GUITARISTシリーズのような実際に人間が演奏してるサンプリング主体のリアル志向の音源も必要になるでしょう。
 
Guitar8
 

シンセサイザー

 
シンセ音源には大きく分けて2つのタイプの音源があります。
 
・オシレーターやフィルター等を備えたアナログシンセ系
・プレイバック主体のサンプリング系音源
 
アナログシンセ系の音の特徴としては、EDMなどでおなじみの分厚いシンセサウンドや、上昇音やスウィープ音などの効果音、アルペジエーターなどのピコピコサウンドが得意です。
 
 
ARTURIA V COLLECTIONなどがそれにあたります。
 

Synth1
 
MassiveやSpire、SERUMなどもそうですね。
 
Synth2
 
Synth3
 
Synth4
 
音作りが面倒だという人には各シンセ音源の「プリセット集」がリリースされています。主に海外サイトでの購入になると思いますが、「Massive Preset」などで検索すれば星の数ほどヒットします。

 
 
一方、サンプリング系のシンセ音源はデジタルシンセやアナログシンセの実機からサンプリングされたサウンドライブラリーを音の心臓部としていて、音作りの過程をすっ飛ばしていきなりダイレクトに欲しい音を選べるという特徴があります。
 
reFXのNEXUS2などが有名ですね。
 

Synth5
 
シンセの扱いに慣れていない人はこのようなサンプルプレイバック系のシンセ音源が使いやすいのでオススメだと思います。ただ、もろにありがちな音色がズラズラ並んでいるので、音色を重ねてレイヤーしたり、フィルターやエフェクトでオリジナリティーを出せるようになると良いと思います。音作りの幅や可能性はMassiveなどには負けてしまいますが、手早くシンセサウンドを形にしたい時は便利だと思います。
 
他にはUVIのシンセ音源は実機から大量にサンプリングされたシンセサウンドがリアルだと思います。
 
Synth6
 
Synth7
 

 
 
 
 
 

 

 

編曲について

編曲の方法

 

編曲
テクニック

 


 
コード進行

コード進行

コード進行

コード進行
 
 
 

NEXT DESIGN
デモ音源抜粋


せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。   生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交う交響曲。

ハイテンポなガールポップ/アイドル曲。カラフルなシンセや、ギターやベース等のバンドサウンドは全パート最新鋭のオールプログラミングで構築。