コンデンサマイクについて

 

ボーカルレコーディング初心者のために。

 
 
 
特にボーカルのレコーディングについて追求していくと、 必ずダイナミックマイクの限界に気付くはずです。
 
 
カラオケマイクに代表される、 マイクと言えば皆さんが思い浮かべる このダイナミックマイクです。
 
安い、持ち運びに便利、扱いやすいことから 手にされた方も多いのではないでしょうか?
 
しかし、このダイナミックマイク、 特にボーカルレコーディングに関してはNGです。
 
まず音質が悪いこと、音のディテールを拾えないこと これはボーカルレコーディングにおいては致命的です。
 
 
歌を正確に録るということはもちろんですが、 吐息やブレスまでも克明に拾ってこそ、 歌の色香や情感を曲に込められるというものです。
 
 
 
だからこそ、まだ音楽を始めたばかりの方であっても、 コンデンサマイクに予算を注ぐべきです。
 
 
歌が1ランクも2ランクも上の質感で 表現できることにきっと驚かれるはずです。
 
 

 

どのコンデンサマイクが良い?

 
 
コンデンサマイクの定番は、 プロのレコーディング現場でも多用されている
 
 
ノイマンのU87やU87aiが有名です。
 
しかしこれは高価なコンデンサマイクなので、 予算を10万円以内に抑えつつ、 かつプロクオリティの音質を狙えるものとしては
 
 
 
 
Rode(ロード)のNTKあたりがおすすめです。 実売価格で3~4万円ほどです。
 
クセがなく、ボーカルの良さを素直に引き立ててくれます。 真空管サウンドですので、暖かみや太さを得られます。 この価格帯では奇跡的な性能と言えるかもしれませんね。
 
ただし、Rodeで安いNT2という コンデンサマイクがありますが、
高域にクセがあり、 特に女性ボーカルではキンキンした耳障りな音が 付加されてしまう傾向にあるので、 避けた方が無難でしょう。
 
 
他には
 
AKG ( アーカーゲー ) / C4000B
 
 
もオールラウンドなタイプの コンデンサマイクとして定番です。
 
やや中低域重視のサウンドですので、 太くコシのあるボーカルにしたい時には きっと重宝すると思います。 ギターなどの録りにも使えます。
 
 
 
 
これらコンデンサマイクはファンタム電源で動きます。 お使いのミキサーやレコーダーなどが ファンタム電源に対応しているか 事前に調べておく必要があります。
 
 
 
コンデンサマイクは一般的には あまりなじみのないマイクかもしれませんが、
数万円で導入できるものですので、 歌のクオリティを上げたい、 邦楽や洋楽のメジャー作品のような音にしたい、 という方には必須のアイテムと言えます。
 
 
 

 
テレビや映像作品、イベントやゲームなどにオーケストラ楽曲をご提供致します。

 
完全プロ品質のオリジナル曲をあらゆる音楽ビジネスや音楽活動に。 

完全プロクオリティのアレンジ制作を限界まで抑えた制作料金にて。 

 
 
テレビ・ラジオなど放送局や各種イベントやWEB関連等のご用途に。 

コード進行データベース
-音楽制作の方法論-