ミックスバランス

ボーカル編

 
 
 
 
 
 
基本的にメインボーカルのパン(定位)は真ん中です。 左右へはリバーブやディレイで広げていきます。
 
 
 
歌がどっしりと真ん中にありながら、 左右へ広げてあげることで、 余韻や歌の質感をゴージャスにすることが出来ます。
 
 
 
しかし、エフェクトの掛けすぎには注意が必要です。
 
 
楽曲制作をしていると 何度も同じ箇所を聴くことになるかと思いますが、 深すぎるリバーブや、 しつこいディレイに耳が慣れてしまって、 後で冷静に聴いてみたら、 エフェクトがトゥーマッチだったということになります。
 
 
 
意図的にエフェクティブな 方向性に振っている楽曲は別として、 一般的にベストな空間系の処理としては、 まるでリバーブが掛かっていないかのような、 ほとんどディレイ成分に気付かせないような、 そんな聴かせ方が プロフェッショナルなアプローチであり、 ワザなんですね。
 
 
 
ほとんどリバーブやディレイが 掛かっていないように聴こえて、 実はふんだんに掛かっていたりします。 ここがミソです。
 
 
 
・リバーブタイムを短くして、 余分な残響成分を消していく
 
・歌そのものにリバーブ・サウンドを 付加していくイメージ
 
・ディレイタイムを4分音符や8分音符にして、 主張させない
 
・ディレイ成分を左右に逃がしつつ、 フィードバックは小さくする
 
 
など、いかに「掛かってますよー」 という雰囲気を消していくことが、 歌を美しく引き立ててあげるコツです。
 
 

 

オートメーションを書き込む

 
 
歌はレベル(音量)が小さかったり大きかったり、 ダイナミクスの振幅の大きいパートです。
 
 
あまり一定すぎても、 聴き手に平坦なイメージを与えてしまいますし、 レベルが大きく動きすぎても、 聴きにくい曲になってしまいます。
 
 
そこで、どうするのかと言うと、 レベル(音量)のオートメーションを 細かくきちんと書いていくことで、 歌とオケとのバランスをとっていきます。
 
 
これをやるのと、やらないのとでは 楽曲の仕上がりに雲泥の差が出て来ます。
 
 

 

歌のレベル合わせ

 
 
歌をどの程度のレベル(音量)に合わせていくか、 が大事なポイントになります。
 
 
・一般的な楽曲の場合、 スネアドラムのレベルより ほんの少し大きい音量に調整していく
 
・バックトラック重視の楽曲の場合には、 スネアドラムのレベルと同程度か少し下
 
・アイドル系やアニメ系などは、 歌がスネアドラムに比べて 大きく聴こえるようにしてあげます
 
 
 
このように歌のミックスレベルはドラム (特にスネア)を基準にして考えていくと、 うまくまとまったミックスに仕上げることが出来ます。
 
 
 
1番盛り上がる箇所は 当然歌も大きく聴かせたいですよね。 ですので、オートメーションカーブを 全体像で見渡したときに、 サビ部分で1番盛り上がっていなければいけません。
 
 
裏声で突き抜けるような特に聴かせたい部分や、 サビの入りなどはさらに、 1~2dBほどレベルを上げてあげます (いわゆる「突いてあげる」とはこのことです。)
 
 
2dBという単位は結構実践的で、 ざっくり合わせていくには とても効率性が良いと思います。
 
 
 
 
そして、さらにEQやコンプレッサーなども活用しながら 最も心地よいポイントを探りながら、 歌とオケを馴染ませていきます。 (EQやコンプレッサーについてはまた書きます)
 
 
 
歌のレベル(音量)をきっちり合わせてあげることが、 ベストなミックスの第一歩です。
 
 
それと、さりげないけど作り込んである 歌のエフェクトにもぜひ挑戦してみてください!
 
 
 

 
テレビや映像作品、イベントやゲームなどにオーケストラ楽曲をご提供致します。

 
完全プロ品質のオリジナル曲をあらゆる音楽ビジネスや音楽活動に。 

完全プロクオリティのアレンジ制作を限界まで抑えた制作料金にて。 

 
 
テレビ・ラジオなど放送局や各種イベントやWEB関連等のご用途に。 

コード進行データベース
-音楽制作の方法論-