プロのサウンドとは。

 
 
 
プロのサウンドとアマチュアのサウンドとの 決定的な差とは何でしょう。
 
 
音質、機材・・・
 
 
確かにそれらも良いものであるに 越したことはありません。
 
しかしもっと決定的な差は「アイディア」です。
 
 
誤解を恐れずに言えば、 機材やアプリケーション、 音源ライブラリー、楽器や音楽理論、 それらを「正しく運用し、また正しく運用しない」 ということです。
 

 

プリセットの功罪。

 
 
 
例えば、シンセサイザー。 シンセサイザーの音というのは トレンドのサイクルが非常に速く、 市場にシンセサイザーが リリースされて出回る頃には、 そのプリセット・サウンドはすでに 時代遅れになっている場合が多々あります。
 
 

 
用意された音を選んで使うことしかしないと、 それは皆が簡単に出せるサウンド ということになってしまいます。
 
 
だからプロのクリエイターたちは 新しい音の掘り起こしに躍起になります。
 
時には70年代80年代に使い古され、 打ち捨てられたシンセサイザーに 新しい音を再発見したりします。
 
 
また最先端のシンセサイザーを使って、 メーカーすら思いもよらなかった運用方法で 新しい音を紡ぎ出します。
 
 
 
 
ソフト音源であれば、 ティンパニはこの音源、 バイオリンのアタックだけはこの音源というように、 それらソフト音源の得手不得手を見極めて、 ベストな部分だけ抽出して使うというような 方法論も必要になってきます。
 
 
 
与えられたものを素直に使わない。
 
 
これは世の中が、とりわけ音楽制作の世界が 便利になればなるほど、 肝に銘じなければならないことです。
 
 
なぜなら、与えられたものをただ使っているだけでは、 他の多くのクリエイターとの差がつかないどころか、 いつまでたっても他の追随を許さない領域にまで 自分の音楽のレベルを引き上げてやれないからです。
 
 
自分が楽に出来ることは、皆も楽に出来る。
 
 
プロの世界では、皆が出来ることは出来て当たり前です。 その一歩も二歩も先にある音を求め続けなければ、 いまや世界を股に掛けた激しい競争には 決して勝てないんですね。
 
 
大切なのは
 
「いかに与えられた方法論を否定し、 いかに新たな方法論を生み出すか」
 
です。
 
 
 

 

サンプリング音源

 
 
サンプリングCD、サンプリング音源とは、 一般的に広く販売されている主にジャンル別に特化された サウンド・ライブラリーです。
 
 
 
 
 
・生ドラムのワンショット音のみを 数千にわたって集めたもの
 
・HIPHOPやR&Bに特化したもの
 
・ストリングス系の弦楽器をフィーチャーしたもの
 
・JAZZドラムのループ集
 
・生ベースのサウンド・ライブラリー
 
 
等々、ほぼすべてのジャンルを網羅するほどに サンプリング音源は成熟しました。
 
 
実際、プロのクリエイターたちは このサウンド・ライブラリーを 大量にコレクションしていたりします。
 
 
大量というのは、10や20ではありません。 1000や2000のライブラリーはざらです。
 
 
しかし、その大量のライブラリーを 正しく運用はしません。 ここが大事なところです。
 
 
JAZZ用に用意されたドラムループを切り貼りして R&Bに応用して使ったり、 生ドラムのワンショット音を幾重にも重ねて ポップス向けのエッジの効いた スネアを作り出したりします。
 
 
このサウンドは世界中のどこにもありません。 そのクリエイターが生み出した オンリーワンのサウンドです。
 
 
用意されたものをそのまま運用している限り、 プロのサウンドにはならないものです。
 
 
様々なサウンド・ライブラリーを掛け合わせ、 元のサンプル・ネタから離れていき、 最終的にはメーカーに提供されているものの 「さらに上のクオリティー」のサウンドを目指します。
 
切り貼りしたり、レイヤーしたり、変調させたりして、 まったく新しい音に作りかえていくのです。
 
 
それがいわゆる「プロの音」というわけです。
 
 
 

 
テレビや映像作品、イベントやゲームなどにオーケストラ楽曲をご提供致します。

 
完全プロ品質のオリジナル曲をあらゆる音楽ビジネスや音楽活動に。 

完全プロクオリティのアレンジ制作を限界まで抑えた制作料金にて。 

 
 
テレビ・ラジオなど放送局や各種イベントやWEB関連等のご用途に。 

コード進行データベース
-音楽制作の方法論-