ボーカルレコーディング
DTM編

 
 
 
最近ではプライベートスタジオで 曲作りをされる方が増えてきています。 DTM関連の中でもボーカルレコーディングが 一番興味があるという方が多いと思います。
 
 
 
まずは歌を録音するために、 シーケンサーやレコーダーを用意しなければなりません。
 
 
 
 
次に用意するものはコンデンサマイクです。
 
 
 
 
備品も忘れずに!
 
 
 
ポップガードは歌う時に マイクに息が掛かって発生する ポップノイズ(吹かれ)を防ぐことができます。 ポップガードがないと、パツパツしたノイズが 録音した音に乗っかってしまったり、 繊細なコンデンサマイクを 唾や湿気で壊してしまいます。
 
 
あとは、環境に応じてマイクスタンドも必要になります。 ナレーション向けやギターなど楽器録りに向いている 背丈の低いタイプのマイクスタンドもあります。
 
 
いわゆるプロ向けのサウンドレベルで歌を録るには、 最低限のレベルですが、 ここまでの機材で 今や10万円以内で抑えることも可能です。
 
 
 
あとはマイクプリの導入で、歌に輝きやツヤを与えます。 マイクプリはやや専門的な機器になりますので、 難しそうで敬遠してしまう人も少なからずいますが、 自分の歌に差をつけたい人は 絶対に導入するべきです。
 
プラス数万円の自己投資を惜しめば 必ず後悔することになります。
 
すっぴんで行くか、 メイクして決めるかほどの差がつきます。
 
 

 
 
曲作りやDTMにはそんなに興味なくて、 例えばボーカルオーディション対策や、 ニコニコ動画などで言えば 「歌い手」と言われる人たちは、 難しいことはいいから、サクッと歌だけを録りたい!  という場合もあると思います。
 
そういった場合はシーケンサーではなく、 単体のレコーダーがお奨めです。
 
 
例えばTEACのDP‑03という MTR(マルチトラックレコーダー)は、 コンデンサマイクが使えます。 PCと連携してオーディオファイルにも 書き出すことが出来るようです。
 
 
 
制作予算を極限まで抑えるのであれば、 あくまでも一例ですが、
 
 
 
TEAC DP-03 8TR CDRドライブ搭載 SD/ SDHC MTR
¥30,500
 
 
コンデンサーマイク:RODE/NT1A
¥19,800
 
 
CLASSIC PRO PG6 ポップガード
\1,680
 
 
MSB/BLACK マイクスタンド
\1,450円
 
 
ART Tube MP/C マイクプリアンプ
\12,500
 
 
-------------------------------
合計 65,930円
 
 
これでひとまずボーカルレコーディングの 入り口に立つことが出来ると思います。 ポップガードがセットになって 販売されているコンデンサマイクもありますから、 その場合は別途ポップガードを 購入する必要はないですね。
 
 
コンデンサマイクにもピンからキリまであります。 マイクプリアンプも同様です。 数千円から数百万円まで差があります。
 
レコーダーやシーケンサーにも差があるのは 確かですが、 歌だけを録って簡単なミックスをということであれば、 コンデンサマイクさえ使えればとりあえずは大丈夫です。
 
 
 
ですが、上を見たらキリがないのが音響の世界です。 ひとまず、歌を録ってみたい、ギターを録ってみたい ということであれば、 6万5千円でCDの音に限りなく近づけること可能だ!  ということで参考にして頂けたらと思います。
 
 
高度なミックスやアレンジ、サウンド構築となると、 1桁2桁違う制作予算の投資が必要になってきます。
 
予算を抑制する方法として 必要に応じてプロユースの レコーディングスタジオに連絡をとってみたり、 外部エンジニアにミックスを依頼したり、 制作プロダクションに 楽曲制作を依頼したりする方法があります。
 
 
DTMをはじめ、 ボーカルレコーディングや楽器録りなど、 せっかく音楽制作に自己投資していくのであれば、 限りある予算を効率よく振り分けて、 音楽として最大限の成果を得るのが 得策だと思います。
 
 
 
 

機材は道具。

 
  
時々、曲作りより 機材コレクションやマイク集めに没頭するうちに、 音楽の本分を忘れてしまって、 機材が良ければ良い音楽が作れるはずだ! というある種の妄想というか 泥沼にハマッてしまう人がいます。
 
 
音響の世界では確かに 高い機材は音が良かったりします。 でも、音楽というものは 機材が作っているわけではなく、 人間が作るものです。 機材はあくまでもただの道具なんですよね。
 
 
しかし、道具にこだわるのもまたプロの世界・・・
 
本気でプロ機器をコレクションしていくと、 高級外車は何台も買えてしまいます。
 
 
まずは機材の善し悪しよりも、 音楽を作っていくことの楽しさや面白さに 目覚めてくれたらいいなと思います。
 
 
 
 

 
テレビや映像作品、イベントやゲームなどにオーケストラ楽曲をご提供致します。

 
完全プロ品質のオリジナル曲をあらゆる音楽ビジネスや音楽活動に。 

完全プロクオリティのアレンジ制作を限界まで抑えた制作料金にて。 

 
 
テレビ・ラジオなど放送局や各種イベントやWEB関連等のご用途に。 

コード進行データベース
-音楽制作の方法論-