作曲の極意

 
 

メロディーの作り方


 
音程の引き出しを増やせ

 
 



音程が生み出す感情を的確に捉えることは、歌の情感、歌詞の世界観、サウンドメイクの方法、すべてに通じていく根本だと言えるかもしれませんね。



ミ→ファ→ミ→レ→ド

って動くことで、なんか切ないなぁ
 



ド→レ→ファ

って動くことで、なんかかわいい響きだなぁ




という風に、どういう動き方でどんな感情を感じるか。


この引き出しを増やしていくことで、音楽全般のスキルは確実に上がっていきます。



最初のうちは「なんか」「なんとなく」でいいんだと思います。そのメロディーの動き方を自分がどう感情として感じ取るかが大切です。


このメロディーにはこう感じたから、自分の曲ではこう表現する。ということが、やがてオリジナリティーにつながっていくんですね。
 
だから音楽というものは、千差万別、無限のバリエーションがあるんです。
 


そして、そのうちにわかってくると思います。音楽が放つ感情が偶然の産物ではないということを。


「ガーリーでキャッチーな曲を作ってください!!」



ガーリー・・・女の子っぽい、かわいい感じか。

かわいい響きと言えば…


ド→レ→ファ の動き方、曲のどっかで使えないかな??



…とこんな感じの引き出しを増やすことです。
 

 


 

教科書は好きな曲 

 
ライブ観衆


好きなアーティストやバンドの曲や、 アッパーなダンスミュージックでもクラシックでも、 とにかくなんでこの部分カッコイイんだろう、 なんで悲しいんだろう、なんで気持ちいいんだろう、 ということを音程移動の観点から考えていくことが大切です。



こう動くとカッコイイ。こう動くと感動的。




そのヒントが好きな曲にたくさん詰まっているはずです。


音楽において最高の教科書は自分が好きな曲です。
 


こう動いてたから、あの部分良かったんだ。
 
 

それを音程のメカニズムから探ることが出来れば、 いつでも、どんなときも応用出来るようになります。




曲が放っている感情を汲み取る力は、作曲だけでなく、


作詞や歌、サウンドメイキング、 はたまたミックスやマスタリングにさえも必ず生きてきます。
 

それぐらいすごく大事なことです。





音程がもたらす不思議。
 

その不思議な感情を どう感じ、どう表現し、どうアウトプットするか。
 

それがオリジナリティーにつながっていくんですね。

 
 

作曲
について

作曲の基礎

 

  

作曲の方法

 

作曲
テクニック