テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 

編曲家になるには
クリエイターになるには

 

編曲家とは/アレンジャーとは


編曲家とは、作曲家が制作したメロディーに複雑なサウンドの脚色を加えて、「楽曲として成立させる」商業音楽の制作者のことです。編曲家と言われたりアレンジャーと言われたりもします。
 
編曲の「編」の字が曲の編集を思わせますし、「アレンジ」という言葉が何か簡単に音の変更をするだけような軽いイメージを思わせますが、世界中のありとあらゆるサウンドを支配し操るのが編曲でありアレンジですから、とても編集や音の変更の次元にはないのは言うまでもありません。音楽家としてのスキルは作曲家の遙か上を行きます。音楽を根底から作り変えてしまう魔法が編曲なのです。
 
必要であればメロディーにコード進行を付け、元々コードが付いている曲であればその補正をする知識も必要になります。

たとえ冴えないメロディーであっても、深いコードの知識と高度なサウンド・プロダクションによって、曲としての魅力を増幅したり、あるいは劇的に様変わりするほど曲を生まれ変わらせたりすることが編曲家の仕事です。
 


 

編曲家に必要とされる素養

 
その意味でも、作詞家や作曲家よりも膨大に音楽制作に対する知識や教養が必要になります。また、制作機器に掛かる予算もアレンジャーには必然的にのし掛かってきます。音響機器やDTM関連機器、プロユースの制作機器、ハードウェア音源やソフトウェア音源、プラグインやアウトボードといった設備投資は、常に最新のサウンドを形にするために、将来にわたって恒常的にアップデートし続けなければなりません。

そのかわり、作詞家や作曲家に比べて遙かに安定的に音楽の仕事のオファーを得続けることが出来ます。
 


 

編曲料金の相場

 
プロフェッショナルなレベルにおいての編曲料(アレンジ料)は10万円から50万円ほどが制作料の相場だと言えます。制作予算によって制作内容の密度が変わりますしサウンドのクオリティが変動します。
 
まずは制作予算をどれだけ掛けられるかを前提として制作内容を確定していくことが、音楽業界など商用音楽の世界ではセオリーになっています。
 

 

 

1時間1万円という限界点

 
昔から音楽のプロの世界では、「1時間1万円」が品質確保の限界点だと言われてきました。つまり10万円の予算なら10時間掛ける制作がその確保の限界点となります。技術料や使用機器、演奏料や作曲料などいろいろ含みますから普通の仕事の時給とは意味合いが大きく違うのですが、依頼者であれば制作会社の「プロ度」を見極める方法になると思いますし、クリエイター志望なら自分の制作スキルを測る基準になると思います。
 音楽の制作予算は制作時間と絶対的な相関関係にあるということは一般的にはあまり知られていないでしょう。
 
 

編曲家の年収

 
制作品質がプロ水準に達していればという大前提がありますが、安くとも圧倒的な制作スピードと制作スキルで安価な提供を可能にしている編曲家もいますし、また一方ではCDセールスの難しい現在でもメジャーのみにこだわって、ほぼアイドル曲やアニメ曲の専業アレンジャーとして制作に専念するタイプに分かれます。またそのどちらとも言えない中間層というのも存在します。
 
レコード会社などから独立し、自社や事務所を構えて幅広く音楽制作を手掛けている場合、年収は1,000万円~3,000万円もしくはそれ以上、いわゆるメジャー系の音楽プロダクションに所属して月給+編曲のギャランティーという形で報酬を得ている場合、年収は200万円~1,000万円ほどです。(いずれも作曲印税などの著作権使用料の収入は含みません)
 
推定年収で示した通り単純にどちらが稼げるのかといえば、前者です。ただしJ-Popの編曲に限らない幅広い制作実績が必要になります。
 
テレビ番組やテレビCM、ラジオなどの放送局、Web広告やYouTube動画、アプリやソフト開発などIT業界、ゲームミュージックやテーマパーク、アトラクション施設などの娯楽関係、映像作家や映像制作会社とのコラボレーション、巨大なイベントに関わる音源制作や、海外向けのダンスミュージックから子供向けの知育や教育関連まで、ありとあらゆる業界と長年にわたって密接に関わる必要があります。
 


 

音楽のみで生計を立てている人たち

-万能型か専業型か-


音楽のみで生計を立てている人は、高い編曲スキルを有していることが多く、J-Popなどのボーカル曲のアレンジに限らず、作詞や作曲、BGMなどの歌のないインスト曲の制作、ダンスミュージックの制作やDJ業、オーケストラ曲やテーマ曲の制作など、その守備範囲が多岐にわたるタイプのクリエイターか、あるいはJ-Pop専業といってもいいくらいにメジャーのみで音楽の仕事に従事しているタイプの2通りが考えられます。
 
万能型か専業型かのプロ制作者としての道は、出来るだけ早い段階で決める必要があります。関わるべき業界や、作るべき人脈に大きな違いがあるからです。
 
 
最先端の音を嗅ぎ分ける「音のセンス」に関しては、すでに世界的に音楽自体の進化が成熟している事実がありますので、現在、実際的には10代20代のセンスよりも30代40代50代の方が膨大な経験に則した分だけ、最先端のサウンドを構築するセンスに関しては確度が高いという側面があります。
 
音楽というものは10年20年と時間を隔ててトレンドが再び巡ってくることが多いので、その点においては、昔の音楽を知らない若年層は不利だとも言えます。
 
これは日本だけでなく世界的に見られる興味深い現象です。音響技術の進化や制作機器の成熟だけでなく、60年代から80年代、90年代にかけて音楽ビジネスが巨大化していった時代の世界中の音楽的資産(当時の音響機器や音楽制作論など)が現在にもたらした現象です。
その意味では、もはや年齢は関係ないと言っていいと思います。
センスがない人は10代の頃からセンスがないものです。
 
 


 

アイドル曲を手掛ければ次もアイドル曲

 
有名人の誰それを手掛けたからすぐに仕事の幅が多岐にわたって広がるかと言えば、広がりません。アイドルの仕事で結果を出したなら、やはり次もアイドルの仕事が待っています。アニメであれば、次の仕事もアニメであることが多いでしょう。それこそやりたい仕事なんだという場合は勿論それがベストです。収入うんぬん、仕事の幅うんぬんだけがすべてではありません。アイドルやアニメ業界に関わりたいという動機があるならば、それで十分でしょう。
 
逆に将来に渡って手広く音楽制作を手掛けていきたいのであれば、ひとつの業界に絞らずに、あらゆる業界に積極的に関わることが大事になってきます。ただし、そのぶん頭に叩き込まなければならない音楽制作上のノウハウは必然的に増えていきます。
 

多くの音楽制作会社がつぶれてしまう理由

 
まだまだ駆け出しではあるけれどネットが便利な世の中だし、制作実績も少しは出来たから自社を設立して幅広く仕事のオファーを受けていこうというスタイルは率直に言えば奨められません。まず失敗します。この10年だけでも数多くの音楽制作会社がなくなっていくのを目の当たりにしてきました。
 
なぜそうなるのかと言うと、作る音というものは本当に正直だからです

過去の実績がゲーム音楽に偏っていれば、どんな曲を作ってもゲーム音楽の匂いがしてきますし、J-Popに偏ればJ-Popの匂いがしてしまうものなのです。
これは制作者としての活動期間が短ければ、たとえ誰であっても、どんなに才能があっても、必ず陥るジレンマとなって自分に襲いかかってくるでしょう。

するとどうなるかと言うと、せっかく音楽制作の依頼を受けても多くの依頼者の信用や期待を裏切り続けてしまうことになるのです。このジレンマに気付けずに失敗してしまう人のなんと多いことか…
 


 

音楽家への最良の道とは

 
とにかく最良の方法は、自分の軸となるものを決めて動くことです。

どんな世界でも一生食うに困らない力を身につけるには10年掛かります。

これはたとえネットや機械が進化していても、昔と何ら変わりはないのです。
人間の能力自体は昔も今も同じなのですから。

ましてや音楽の仕事は相手が人間です。小手先でごまかし切れるようなものではないのです。
 
では、まだまだ駆け出しのクリエイターはどうしたら良いのか?
 
 


 

日本人はネームバリューに弱い


日本人は昔も今もネームバリューに弱いところがありますから、テレビ番組やメジャーアーティスト、有名タレントや芸能人、有名企業や有名大学、市町村などの地方自治体や公的機関、ネットなら勢いのある動画配信など、少しでも「名の通った仕事」に関われるようになることです。
 
ひとつの仕事をやったくらいでは大きく変化はないかもしれませんが、少しずつこのような仕事を積み重ねていくことで、「仕事の信頼性」というものは必ず高まっていきます。質の高い仕事は、その後もその実績が質の高い仕事を呼び込みます。好循環に入っていくということですね。
 
そのためにどのように動いたら良いかを考えるのです。
 
 


 

将来像を明確に描く

-ゴールから逆算する発想-


最も重要なのは、クリエイターとしてどのような将来像を描くかです。
 
自分のゴールをどのように設定するか。そのゴールから今どのように動くべきなのかを逆算していくのです。

ボーカル曲が好きで好きでたまらないのなら、編曲家のみを目指すのも良いでしょう。その場合は作家事務所と言われる多くの作詞家や作曲家、編曲家が集まっている場所に積極的に関わることです。「作家事務所」と検索すればたくさん出てくるでしょう。デモ音源を売り込むのか、知り合いを作るのか、手伝いから仕事をもらうのか、そのやり方は人それぞれです。J-Popが好きでしょうがないのであれば、選択肢はレコード業界ひとつでしょう。
 
 
ゲームの世界にアルバイトで飛び込んで、実績を少しずつ作って、ゲーム作品の主題歌制作をきっかけに音楽業界とのつながりが出来るかもしれませんし、その音楽業界から今度はテレビの世界につながっていくかもしれません。テレビから今度はIT業界に広がっていくかもしれません。
 
「どう未来を広げていくか」
 
これは人それぞれですし、その人ならではのオンリーワンのものでなければなりません。この「オンリーワンの濃度」こそが将来、編曲家のみならず、音楽家として生計を立てていけるかの重要な鍵となります。
 


 

「人のために音楽を作る」=収入が増えていく

 
音楽活動も1年かけ2年かけ3年かけた頃には少しサマになってくるはずです。5年かけたころには人脈も増えてくるでしょうし、自分のスキルも大きく上がっています。制作機器や音源も増えているはずです。プロ意識も芽生えはじめ、人並みの収入もなんとか得られるようになってくる人も出てくる頃です。そして、10年掛けて初めて「人のために音楽を作る」ことが出来るのです。
 
「人のために音楽を作る」ことが出来るようになった時、経済的な収入は必ず後から付いてきます。経験したことのある人であればわかると思いますが、驚くほどの劇的な収入面の変化がやってきます。
 
 
人生を音楽一本に絞るのは怖いという人は、保険としての会社勤めをしながらでもプロの音楽制作者を目指してもいいと思います。
 
昔は二足のわらじと言って敬遠される傾向にありましたが、人生の在り方の多様性が求められる今の時代、十分に考慮していい選択肢だと思います。ただ、保険を打つ分だけ、音楽家として結果が出るのに時間が掛かったり、追い詰められたときに発揮する人間の底力みたいなものは弱くなってしまうのは否めないですが、片手に安定を、もう片手に挑戦をたずさえて自分だけの人生を作っていくのも今の時代ならではだと思います。
 


 

プロフェッショナルの真髄とは

 
あらゆる「仕事」というものは、「人のために」動くことで、喜んでもらったり感動してもらったりして初めてその報酬として収入を得ていく社会の仕組みとして成り立っています。
 
本当の意味で「人のために」動けるようになるには、どんな仕事でも最低でも10年は掛かるのです。その真理が経験として頭に叩き込まれた時、初めてプロの音楽家としての道が開けていくのです。
 
でも最初から「人のために」動くことなんか出来ません。誰もがそうなのです。自分のことだけでやっとなのが当たり前です。

まずは「自分のために」曲を作り、人脈を作り、チャンスを作って、少しずつ道を切り開いていくしかないのです。
 
まずは前に進むために「自分のために」音楽を作り続けるのです。でも「人を喜ばせよう」「人に感動してもらいたい」「人を驚かせよう」という気持ちは、たとえスキルが未熟であっても常に心のド真ん中に据えていなければなりません。その想いが必ず音に宿りますから。

そして時間をかけ、少しずつ予算を捻出しながら、音楽家としての将来像をひとつひとつ形にしていくのです。
 
間違いなくこれが最も失敗のない最良の道だと言えます。むしろ近道と思えるようなことは、逆に遠回りだったり行き止まりが待っていたりするものなのです。本当に皮肉なことだと思います。
 
 
「人のために」どれだけの力をどれだけ多くの人に提供出来るか。
 
これこそがプロフェッショナルの真髄なのです。
 
 

編曲
について

編曲の方法

 

編曲
テクニック

 


 
株式会社ネクスト・デザイン

作曲依頼

編曲依頼

デモ音源

ゲーム音楽考察