bottom
 

作詞・作曲・編曲の料金相場
あまり知られていない音楽制作の価格や予算について


HOME | 作詞・作曲・編曲の料金相場と価格目安
 
区切り線

楽曲制作料(作詞/作曲/編曲)の目安
音楽制作費の相場

(作詞・作曲・編曲トータルでの依頼/
作曲・編曲のみの依頼/編曲のみの依頼/その他音楽制作全般)

 

 
楽曲制作料について様々な情報がネットで溢れていますが、残念ながらその多くは偏った主観が入っていたり間違った情報がほとんどです。ここでは、きちんとした客観的な音楽制作の制作料相場を例に挙げて、メリットやデメリット、注意点、音楽業界の常識なども含めて記していきます。

 
区切り線
 

音楽制作を依頼するには依頼先として3つが考えられます。
(作詞・作曲・編曲の他、BGM制作なども含む)
 

1.個人制作者への依頼
1,000円~5万円前後 (非商用アマチュア品質)
2.音楽制作会社への依頼
5万円~50万円 (商用プロ品質)
3.レコード会社への依頼
50万円~100万円超 (商用プロ品質)

 

区切り線

 

1.アマチュア個人制作者
(アマチュア個人の兼業クリエイターなど) 

 

作詞・作曲・編曲料金相場 3,000円~5万円前後

作曲・編曲料金相場 2,000円~4万円前後

編曲料金相場 1,000円~3万円前後

BGM制作料金相場 数千円~1万円前後

メリット
制作料金の安さ

SNS等で働きかけやすい
デメリット
楽曲盗用や品質面のトラブル(実際に曲を販売できない等)

連絡不通、納期や金銭トラブル
楽曲制作に関する使用機材と品質
ノートPC1台のみ等アマチュア機器による楽曲制作
非商用向けの楽曲品質
主な顧客ニーズとその傾向
無料動画のBGMや非商用案件の音楽

超低予算の制作案件(アダルト系含む)
有名企業やアーティスト活動での使用例はほぼない
安さのみ重視の場合に選択

 
料金相場は数千円~2、3万円(作詞や作曲含めても数万円)という価格帯が多く、楽曲のクオリティは非商用レベルのため価格と引き換えに品質を犠牲にする必要があります。主にパソコン1台での簡易な音楽制作で完結、というような制作スタイルがほとんどとなります。アマチュア制作者が大部分を占めている現状があり、副業クリエイターが大半となるため、納期に関しては本業との兼ね合いや制作スキルの問題で1ヶ月~数ヶ月など長くなる傾向にあります。これは意外と一般的に知られていません。
主に無料動画やアダルト含めた超低予算案件のBGM制作やテーマ曲の作詞・作曲・編曲などに使用されることが多く、楽曲盗用に関するトラブルや、金銭的なトラブル、連絡不通などの事故も存在しており、楽曲品質よりも低予算のみを重視する顧客のニーズによって成り立っています。制作業務の品質や信用性を重視する有名企業や著名な作品などに利用されることはほぼありません。楽曲の盗作や改竄などの著作権侵害トラブルを最も嫌うためです。
また、アーティストやミュージシャンはプロ、アマチュア両者含めて、この価格帯で作詞や作曲、編曲を依頼し音楽活動を商用レベルで成立させている人はほぼ存在しないのが現状です。この予算帯であれば制作費よりも自身の音響機材費や音楽活動費に充てることを優先する人も多いですが、何よりも音楽制作に掛かる予算を最重視したい場合は選択肢のひとつとなります。まずはお試しとして商用非商用はともかく安価に作曲や編曲を依頼してみたいというライトユーザー層のニーズがあります。
 

区切り線

 

2.音楽制作会社もしくはプロ制作者
(プロ制作会社/プロクリエイター)

 

作詞・作曲・編曲料金相場 15万円~50万円前後

作曲・編曲料金相場 10万円~40万円前後

編曲料金相場 8万円~30万円前後

BGM制作料金相場 2万円~5万円前後

メリット
プロ品質の確保と予算圧縮のバランス

すぐに市販リリース可能な商用クオリティ
デメリット
ジャンル等によって制作予算に幅がある(要事前見積もり)

デモ音源や実績等の各社検討問い合わせの手間
楽曲制作に関する使用機材と品質
業務スタジオ等プロ機器による楽曲制作
一般民生機による制作会社もあるがスキルでカバー
主な顧客ニーズとその傾向
多種多様な業界からのあらゆる商用音楽のニーズ

プロやアマチュアのアーティスト活動の音楽制作
安いほど良いが商用品質がすぐにほしい
大規模予算を用意出来ないケース

 
音楽制作会社の制作料金の相場は、作詞や作曲・編曲の組み合わせ等もありますが10万円から50万円ほどまで幅があります。制作するジャンルや制作内容によって制作予算が前後します。また価格の差は人件費の幅であることも多いです。レコード会社のような大組織ではなく、依頼からすべてのプロセスでダイレクトな進行が可能なので、楽曲完成までの納期がスピーディーなのも特徴のひとつです。他業種に見られる制作プロダクションなどの在り方に近い音楽制作のスタイルとも言えるでしょう。
従来より音楽業界では「制作時間=制作予算」が楽曲品質確保の大前提と言われてきました。つまり、制作時間が掛かる楽曲ほど制作予算も比例して掛かるということになりますが、無駄な制作時間は予算を増やしてしまうことになりますので、近年では逆に制作予算を事前に決めてしまって、制作時間を算出する方法が一般的になっています。その方が顧客側からすると、総額の制作予算が最初から決まっており何より安心だからです。
プロ品質を確保した上で制作費を大きく抑え込むには、無駄な人件費や事務手数料、中間マージンなどを大幅にカットする必要があります。 音楽制作機器などの設備投資費を削ることは楽曲品質を損なうことになるので絶対に出来ません。そこで、作詞・作曲・編曲といった音楽制作そのものに直接関係のないスタッフを極力減らして必要最小限の人員に絞ったり、オンラインに特化した制作プロセスなどで稼働している音楽制作会社が多いです。
プロアーティストに限らず一般ミュージシャンや音楽業界以外の一般企業など、全方位の人たちの依頼が業種問わず行き交うのが最大の特徴です。
 

区切り線

 

3.レコード会社/大企業など

 

制作予算相場 50万円~100万円超
メリット
音楽業界のネットワーク

広告や放送媒体などへのアプローチ
デメリット
制作料の他に様々な人件費やマネージメント費が掛かる

大組織ゆえの従来の制作プロセスと制作予算
楽曲制作に関する使用機材と品質
大規模な制作スタジオや海外エンジニアの手配等
最高品質の音楽制作に関する設備投資
主な顧客ニーズとその傾向
放送やエンタメ業界など業界内部での関わりが多い

プロアーティスト活動の音源制作
予算にはこだわらず制作時間を確保したい
タイアップなどが決定しており複数企業間での取引

 
レコード会社の制作料金の相場は作詞・作曲・編曲の区分けなくトータルの音楽制作費として100万円を超えることが通常です。制作者自身にはその制作費の内訳としての制作料がレコード会社から支払われる形になりますが、トータルの楽曲制作費としてはディレクターやマネージャーなどの人件費やマネージメント料などが乗っかっています。永続的な楽曲使用料のことも考慮する必要があります。作詞や作曲といった音楽制作そのものは作詞家、作曲家、編曲家などそれぞれのレコード会社に所属する専属制作者が手掛けますが、企画やディレクションなど様々なポジションの人たちも間に入るので、依頼主と制作者とは直接的な接点のないまま進行することも多いです。
音楽業界に限らず放送業界や広告業界、スポンサー各社など企業ネットワークを武器としており、それが最大の強みです。ネット先行のプロジェクトの場合などは制作予算に見合う費用対効果が得られるか検討の余地があります。また、音楽に限らずエンタメ界隈や芸能界など業界内部での取引が多く、予算面含めて一般企業はなかなか容易に入り込めない閉鎖的な一面もありますが、レコード会社や広告代理店を介さない自社発信型の企画やイベント案件など、ネット時代ならではの新しい形態のビジネスモデルも増えつつあります。
21世紀に入ってから音響技術の劇的な進化により、プロユースの音楽制作機器のスペック差が少なくなっており、大規模な音楽スタジオでも小規模な音楽スタジオでも音質や品質に差がつかなくなったことも留意しておくべき点です。これはまだ一般的にはあまり知られていません。とはいえ撮影やPRなどで大規模な音楽スタジオを使うのは利点があるでしょうし、大組織の力でプロジェクトを推進していくメリットがあります。
 

区切り線

 
このように、音楽制作には大きく分けて3つの制作スタイルがありますが、制作予算や依頼内容に合わせて最も適切な方法を考える必要があります。