コード進行/作曲データベース
作曲依頼
編曲依頼
 
 

半音階的進行

 
 
 
 
 
コードの転回形を利用して ベースラインを半音ずつ下げていく、 とても特徴的なコード進行です。
 
 
 
 
 
まずは、わかりやすい所から行きます。
 
 
 
 
・プリンセス・プリンセス 
「ダイアモンド」
 
 
という曲があります。
 
 
だいぶ昔の曲ですが、 半音階的進行を使ってヒットした曲です。
 
 
 
サビ部分
♪ダイアモンドだね Ah いくつかの

|C|Em7/B|Gm/Bb|F/A|
|Fm/Ab|C/G|D/F# D7|G7 F/A G/B|
・・・

 
 
 
メジャーキーの明るさと、 半音移動していくための 感傷的な響きが同居しているかのような音です。
 
 
 
 
さらに一歩進めて
 
 
 
セリーヌ・ディオンの名曲に 「To Love You More」があります。
 
 
 
この曲にも半音階的進行が使われていて、 曲のバース部分(Aメロ)に このコード進行が見られます。
 
 
Aメジャー表記
 

|A|A|E|E|F#m|F#m|
|D|E7/D|A/C#|Am/C|
|G/B|Gm/Bb|Dm/A|A|
|Esus4|E7|

 
 
非常にエレガントで、 流麗な響きを生み出していますよね。 ワンステージ高いレベルにある ポップミュージックを形にしています。
 
 
 
さらにこの後、 サビ部分につながっていくわけですが
 
 
サビのコード進行は
 

|A|E|F#m|C#m|D|A/E E7|A|

 
 
 
 
そうです。
この進行はカノン進行ですね。
 
 
複雑な響きを 歌の導入部分に持ってきて、 メインテーマは明快なカノン進行で 高らかに歌い上げる。
 
 
非常に精密に、緻密に 作り上げられた楽曲だということが わかります。
 
まさに計算された楽曲です。
 
 
 
 
かのモーツァルトやワーグナーも愛した 半音階的進行。
 
 
 
 
半音階的進行はメインテーマを立たせる 脇役としても使えますし、 またメインテーマそのものにも使える 非常に有効なコード進行です。
 
 
 

 

コード進行

STEP 0
初心者のためのコード進行

STEP1
日本人が好きなコード進行

STEP 2
曲のレベルを
上げるためのコード進行

STEP 3
プロレベル

 
※コード表記はわかりやすくするために、Cメジャー(Aマイナー)表記になります。
 

 
ネクスト・デザイン

作曲の極意

編曲コラム

作曲について

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

pops

ピアノやバイオリン、ヴィオラ、チェロなどのストリングス・パートの他、バンドサウンドなどを取り入れた日本語歌詞によるポップス、バラード楽曲。


オーケストラ1
1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。

オーケストラ2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交うオーケストラ曲。
ポップス
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。   生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
pops

4つ打ちデジタル・ポップス。デジタルなサウンドプロダクション、アニメ作品やゲーム作品等と親和性の高いメロディーラインが特徴。弊社過去提供曲。


EDM
幾重にもレイヤーされたシンセと、ボーカルやラップの行き交うEDMトラック。プロユースのハイエンド機器ならではの透明感のあるサウンドが特徴。

DANCE
EDM後のブレイクスからレイヴ、ハウス、ダブステップやシンセポップへサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声。