コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 
 

順次下降 マイナー

 
 
 
 
 
 
別名 

「ラピュタ進行」

 
 
 
天空の城ラピュタのテーマ曲
 
「君をのせて」に使われているコード進行
 
 
あの地平線~♪ の部分です
 
 

|Am|G|F|Em|Dm|C|Bm7-5|E7|

 
 
 
 
 
ひたすらコードが 下へ下がっていく進行です。
 
 
 
変形としては
 

|Am|Em/G|F|C/E|
|Dm|C|Bm7-5|E7|

 
 
などが挙げられます。
 
 
 
 
この場合もベースラインは下降ラインを描きます。
 
 
 
 
各コードに7thを多用して 洗練されたテイストを出すのもいいでしょうし、 心にジーンと染みるような メロディーラインを生み出せるコード進行です。
 
 
 
 
 
 
 
このコード進行の 最もセンチメンタルな部分は
 

|Dm|C|Bm7-5|E7|

 
の部分です。
 
 
ラピュタで言うと
 
♪あのどれかひとつに 君がいるから
 
 
の部分ですね。
 
 
 
 
 
このコード進行の弱点は、 かつて70年代から80年代にかけて 昔に多用されたものゆえに、 使い方を間違えると、 ただ古い曲になってしまうということです。
 
 
 
 
しかし、音楽と時代はめぐります。
 
 
 
 
 
今だからこそ、 使えるコード進行とも言えます。
 
 
 
 
AメロやBメロ、 ブリッジなどに効果的に配置して サビを立たせるために、 このコード進行を使うのもいいと思います。