コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 

変終止の媚薬

 
 
 
 
 
 
変終止とは
 
 

F → C

 
 
のように、
 
サブドミナントからトニックに動いて、 曲に終止感を与える 動き方のことです。
 
 
 
通常は
 
 

G → C

 
 
のように、
 
ドミナントからトニックに動いて 終止させるのがノーマルですが
 
 
 
 
変終止を使うことで、 「なんとなく」曲が終わる感じを 演出することが出来ます。 「なんとなく」ですので、 まだ続いていきそうな気もするのです。
 
 
 
だからこそ、 何度でも聴きたくなるような 不思議な世界観を醸し出すことが できるのです。
 
 
「Amazing Grace」にも、 このF→Gが使われています。
 
「アーメン終止」などとも言われ、 聖歌などにも多く見られるコード進行です。
 
 
 
 
またビートルズの名曲 「Let It Be (レット・イット・ビー)」にも、 この変終止が使われています。
 
 
ひとまず曲が終わる感じがするのですが、 まだ続いていきそうな感覚があるので、 気がつくと、 曲にどんどん引き込まれて 最後まで聴いてしまう。
 
 
名曲たるゆえんですね。
 
「Let It Be」では、 さらに経過和音を FとCの間に挟むことで、 動きを与えています。
 
 
 
 
Let It Be - The Beatles
 
 
 
|C G|
When I find myself in times of trouble
 
|Am G FM7 F6|
Mother Mary comes to me
 
|C G|F C/E Dm C|
Speaking words of wisdom, let it be
 
|C G|
And in my hour of darkness
 
|Am G FM7 F6|
She is standing right in front of me
 
|C G|F C/E Dm C|
Speaking words of wisdom, let it be
 
|Am G|
Let it be, let it be
 
|F C|
Let it be, let it be
 
|C G|F C/E Dm C|
Whisper words of wisdom, let it be
 
 
 
 
何度聴いても飽きないのには、 理由があったんですね。