コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を 音楽活動に。
作曲編曲
作曲・編曲を プロ機Protools HDXにて制作。 
アレンジ制作・編曲
プロ・アレンジを 限界まで抑えた制作料にて。 
 
 

変終止とビートルズ

 
 
 
 
 
 
変終止とは
 
 

F → C

 
 
のように、
 
サブドミナントからトニックに動いて、 曲に終止感を与える 動き方のことです。
 
 
 
通常は
 
 

G → C

 
 
のように、
 
ドミナントからトニックに動いて 終止させるのがノーマルですが
 
 
 
 
変終止を使うことで、 「なんとなく」曲が終わる感じを 演出することが出来ます。 「なんとなく」ですので、 まだ続いていきそうな気もするのです。
 
 
 
だからこそ、 何度でも聴きたくなるような 不思議な世界観を醸し出すことが できるのです。
 
 
「Amazing Grace」にも、 このF→Gが使われています。
 
「アーメン終止」などとも言われ、 聖歌などにも多く見られるコード進行です。
 
 
 
 
またビートルズの名曲 「Let It Be (レット・イット・ビー)」にも、 この変終止が使われています。
 
 
ひとまず曲が終わる感じがするのですが、 まだ続いていきそうな感覚があるので、 気がつくと、 曲にどんどん引き込まれて 最後まで聴いてしまう。
 
 
名曲たるゆえんですね。
 
「Let It Be」では、 さらに経過和音を FとCの間に挟むことで、 動きを与えています。
 
 
 
Let It Be - The Beatles
 
 
 
|C G|
When I find myself in times of trouble
 
|Am G FM7 F6|
Mother Mary comes to me
 
|C G|F C/E Dm C|
Speaking words of wisdom, let it be
 
|C G|
And in my hour of darkness
 
|Am G FM7 F6|
She is standing right in front of me
 
|C G|F C/E Dm C|
Speaking words of wisdom, let it be
 
|Am G|
Let it be, let it be
 
|F C|
Let it be, let it be
 
|C G|F C/E Dm C|
Whisper words of wisdom, let it be
 
 
 
 
何度聴いても飽きないのには、 理由があったんですね。
 
 
 

 

コード進行

STEP 0
初心者のためのコード進行

STEP1
日本人が好きなコード進行

STEP 2
曲のレベルを
上げるためのコード進行

STEP 3
プロレベル

 
※コード表記はわかりやすくするために、Cメジャー(Aマイナー)表記になります。

作曲について

作曲について

作曲について

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

オーケストラ1
1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。

オーケストラ2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交うオーケストラ曲。
ポップス
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。       生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
EDM
幾重にもレイヤーされたシンセと、ボーカルやラップの行き交うEDMトラック。プロユースのハイエンド機器ならではの透明感のあるサウンドが特徴。

DANCE
EDM後のブレイクスからレイヴ、ハウス、ダブステップやシンセポップへサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声。