コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 

F on G の魔法

 
 
 
 
 
ドミナントの使い方は 作り手の個性を表します。
 
 
 
 
ストレートに大げさに鳴らして、 曲を終局に向かわせる。 感動や情感を真っ直ぐに表現して、 聴き手にダイレクトに伝える。
 
 
 
バラードなどでは
 

G→C

 
という全終止が多用されることが多いので、 曲の終止感がよくわからないという方は、 一般的なバラードの締めくくり部分を 思い出してみてください。
 
いかにも終わりますよーという響きで、 最後のフレーズが締めくくられるはずです。
 
 
 
これはこれで、 聴き手に安心感を与える終わり方なので、 言ってみれば、 当たり前な終わらせ方なのです。
 
 
 
 
 
しかし、さらにひとつ上の 作曲理論としては、 いかに終止感に創意工夫をこらすか…  そこにこそ、作曲家の個性が表れる部分です。
 

F on G

 
 
 
これはサブドミナントFと、 ドミナントGを掛け合わせたようなもので、 響きはFなのですが、 ベースがGに行っているので、 都会的でアンニュイな 洗練された終止感を得られます。
 
 
 
 
これを覚えたての頃は、 やたらとF on Gを鳴らしてしまいたくなるような 魔法のようなコードと 言えるかもしれませんね。
 
 
 
ドビュッシーもショパンもユーミンも、 このF on Gを多用しています。
 
 
 
さらに代理コードを使って
 
 

Dm7 on G

 
 
でもいいわけです。
 
 
 
都会的なコード感という意味ではこのコードは ハウスでも多用されているんですね。
 
 
 
 
ハウスという音楽は、 元々「コード進行の実験場」 という側面が 強く打ち出されたジャンルでした。
 
 

|Dm7/G|Em7/A|

 
 
を無機質なピアノのコードリフを 4つ打ちに乗せるだけで、 すぐハウスになるはずです。
 
ストラト・ギターのカッティングや ローズなどのエレピが、 延々このコードを循環しているだけで、 モデルショーや華美なイベントショー等が 似合うようなハウス・トラックになります。
 
 
 
それぐらい、ハウスでは定番のコード感ですね。 詳しくは別カテゴリーの 「ハウスのコード進行」でご説明致します。
 
 
 
ポップスに話を戻しますが
 
 

F on G

 
 
という都会派なコードは 覚えておくだけで曲作りの幅が広がります。
 
 
 
サビだけでなく、 AメロやBメロなどにも使えますし、 ちょっとしたアクセントにも使えますので、 是非試してみてください。
 
 
 
理論的に言えば、 「導音の欠如がもたらす、調の整合性の瑕疵」 とも言えるかもしれませんが 難しい理論はいいんです。 この響きが都会的だということを知っていれば。
 
 
 
 
きっと使っているうちに、 このコードの心地よさにとりつかれているはずです。