コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を 音楽活動に。
作曲編曲
作曲・編曲を プロ機Protools HDXにて制作。 
アレンジ制作・編曲
プロ・アレンジを 限界まで抑えた制作料にて。 
 
 
 

スリーコード

 
 
 
 
 
 
基本中の基本、スリーコードです。
 
 
 
 
 
 

C-F-G

 
 
 
 
トニックからサブドミナントへ動くことで、 聴感上広がりを与えます。
そしてドミナントからトニックへ帰る終止感は 聴き手に安心感を与えます。
 
 
 
 
 
1小節ごと

|C|F|G|C|

 
のように動いてもいいでしょうし
 

|C F|G C |C F|G C|

 
のように2小節単位で循環してもいいでしょう。
 
 
 
ヒット曲が多くて書ききれませんが、 サビに使いたいコード進行ですね。
始まりと終わりがハッキリしていて、 明快な曲調になります。
 
 
 
 
FとGの順序を変えて
 

|C|G|F|C
 
 
|C G|F C |C G|F C|

 
 
でも、もちろんいいわけです。
 
 
サブドミナントからトニックへ帰結する動きは ドミナントからトニックへ動く強力な終止感より 柔らかく優しい響きになります。
 
 
名曲「Amazing Grace」は この柔らかいF→Cという動きを含んでいます。
聖歌などにも多く見られるように、 上品でさりげない終止感が欲しいときは このF→Cという進行を使います。
 
他にはビートルズの「Let It Be」の 最後の部分にも見られますね。
 
 
 
スリーコードは基本中の基本ですが、 奥が深く 非常に力強いパワーを 秘めたコードワークです。
 
 
 

 

コード進行

STEP 0
初心者のためのコード進行

STEP1
日本人が好きなコード進行

STEP 2
曲のレベルを
上げるためのコード進行

STEP 3
プロレベル

 
※コード表記はわかりやすくするために、Cメジャー(Aマイナー)表記になります。

作曲について

作曲について

作曲について

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

オーケストラ1
1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。

オーケストラ2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交うオーケストラ曲。
ポップス
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。       生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
EDM
幾重にもレイヤーされたシンセと、ボーカルやラップの行き交うEDMトラック。プロユースのハイエンド機器ならではの透明感のあるサウンドが特徴。

DANCE
EDM後のブレイクスからレイヴ、ハウス、ダブステップやシンセポップへサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声。