コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 
 

スリーコード

 
 
 
 
 
 
基本中の基本、スリーコードです。
 
 
 
 
 
 

C-F-G

 
 
 
 
トニックからサブドミナントへ動くことで、 聴感上広がりを与えます。
そしてドミナントからトニックへ帰る終止感は 聴き手に安心感を与えます。
 
 
 
 
 
1小節ごと

|C|F|G|C|

 
のように動いてもいいでしょうし
 

|C F|G C |C F|G C|

 
のように2小節単位で循環してもいいでしょう。
 
 
 
ヒット曲が多くて書ききれませんが、 サビに使いたいコード進行ですね。
始まりと終わりがハッキリしていて、 明快な曲調になります。
 
 
 
 
FとGの順序を変えて
 

|C|G|F|C
 
 
|C G|F C |C G|F C|

 
 
でも、もちろんいいわけです。
 
 
サブドミナントからトニックへ帰結する動きは ドミナントからトニックへ動く強力な終止感より 柔らかく優しい響きになります。
 
 
名曲「Amazing Grace」は この柔らかいF→Cという動きを含んでいます。
聖歌などにも多く見られるように、 上品でさりげない終止感が欲しいときは このF→Cという進行を使います。
 
他にはビートルズの「Let It Be」の 最後の部分にも見られますね。
 
 
 
スリーコードは基本中の基本ですが、 奥が深く 非常に力強いパワーを 秘めたコードワークです。