コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 

華麗なる偽終止

 
 
 
 
偽終止とは
 
 

F で曲を終わらせること

 

 
サブドミナントで曲を終わらせることです。
 
 
通常は
 
 

C (トニック)で終わる

 
 
ですが、
 
 
 
サブドミナントFで終わらせることで
 
 
 
終わったような続いていくような、 アンニュイな終止感を与えることが出来ます。
 
 
 
 
Cで終わらせるのが ちょっと大げさだなと感じたときは、 この偽終止を使ってみてください。 ちょっとした高級感を演出することが出来ます。
 
 
 
 
 
さらに都会的な雰囲気を出したいときは
 
 
 

F9

 
 
というコードを使ってみてください。
 
 
 
 
 
複雑なハーモニーが曲を グッと引き締めてくれます。
 
 
 
 
 
 
あとはあまり見かけませんが、
 
Em7(Ⅲm7)の偽終止もあります。
 
 
 
 
 
他には
 
AbM7(♭ⅥM7)やA7(Ⅵ7)、
 
D M7(♭ⅡM7)、Fm7(Ⅳm7)のような
 
代理コードによる偽終止があります。
 
 
 
厳密に言えば、 各コードの音楽理論的な説明を つけることも出来ますが、 ローマ数字が出てくるだけで イヤになってしまう方も多いと思うので、 ここに出てくるコードネームだけを 頭に入れておくだけでも楽曲制作の幅が広がります。
 
 
 
 
シンプルに曲の終わり方を もっとカッコよくしたいと思ったときは 是非、偽終止のことを思い出してください。