コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 
 

小室哲哉進行・マイナー編

 
 
 
 

|Am|F|G|C|

 
この小室哲哉進行はメジャー系コードでご紹介しましたが、
それをもっと切なく、時にはクールにしたものが以下です。
 
 
 

|Am|Dm|G|Am|

 
 
 
または
 
 
 

|Am|Dm|E7|Am|

 
 
 
などが挙げられます。
 
 
 

|Am|Dm|G|C G/B|

 
 
 
などでもかなり切ない雰囲気を出せますよね。
 
・オフコース 小田和正 
「言葉にできない」
 
などがこのパターンですね。
 
 
 
 
 
たとえコードがCで完結したとしても、2小節目のFがDmになるだけで、切なさが相当増幅されます。メジャーキーだと思わせなくするぐらいのものがありますので、マイナー系のカテゴリに入れました。
 
 
 
 
J-R&Bなどの切ない曲調のものは、このコード進行を使っている場合が多いです。
 
なぜなら、歌詞がドラマティックに生きるコード進行だからです。特に日本語はこの進行感にとても乗りやすくマッチしやすいと言えます。
 
 
 
 
 
洋楽では、あまり露骨なコードワークは見られませんが、代理コードやテンション・コードなど、ひとひねり加えて、うまく聴かせるものも多く見られます。