コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
テーマ曲制作
テレビや映像、ゲーム等にオーケストラ楽曲をお届けします。
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を音楽ビジネスや音楽活動に。 
アレンジ制作・編曲
完全プロクオリティのアレンジを限界まで抑えた制作料にて。 
NextDesign デモ音源抜粋
Epic/Orchestra
美しい合唱隊と壮大で心躍るコードワーク
EDM
シンセとボーカルやラップの行き交うEDM曲
Pops/J-R&B
流麗なストリングスが歌を包み込むJ-R&B曲
 

 
 
 

小室哲哉進行

 
 
 
 
 
 
 
小室哲哉が最も愛したコード進行といえば
 
 
 
 
 

|Am|F|G|C|

 
 
 
 
これに尽きるでしょう。
 
 
・TM Network 「Get Wild」
 
 
 
 
「Get Wild」に代表される このコード進行は 現在も多くの楽曲で使われています。
 
 
 
・浜崎あゆみ 「Moments」
・爆風スランプ 「Runner」
・氷室京介 「Marionette」
・GReeeeN 「愛唄」
・西野カナ 「会いたくて 会いたくて」
 
 
などです。
 
 
 
 

時代、年代問わず、日本人がとても好きなコード進行ですよね。

 
 
 
 
小室哲哉さんが最も用いたコード進行 ということもあって、 そのイメージからか、特にデジタルな曲調に 非常によくマッチします。
 
 
 
 
 
最近ではアニメのテーマソングや ゲームの挿入歌などに このコード進行を使った楽曲が 多く見られるようになりました。
 
 
 
 
初音ミクなどのボーカロイド曲を 発表している動画などにも このコード進行はよく使われています。
 
 
 
 
このコード進行は とても強い力を持っています。
 
 
 
 
主にサビに使われることが多いですが、 Aメロに使った曲も、しばしば見受けられます。
 
 
 
 
聴き手を引き込む強さ、 サビ感を出すための高揚感、 強い進行感がもたらす安定性
 
 
 
非常に便利なコード進行とも言えますね。
 
 
 
 
 
しかし、ここでもカノン進行と同じように、 既出曲が多いがゆえに、 どこかで聴いたことのある曲調に なりがちなので注意が必要です。
 
 
 
 
 
変化を持たせるために、 代理コードを使った変形バージョンなど 詳しくは「小室哲哉進行 マイナー編」で述べます。