コード進行/作曲データベース
NextDesign 音楽制作コンテンツ
作詞作曲編曲
完全プロ品質のオリジナル曲を 音楽活動に。
作曲編曲
作曲・編曲を プロ機Protools HDXにて制作。 
アレンジ制作・編曲
プロ・アレンジを 限界まで抑えた制作料にて。 
 
 
 

ユーロビート進行

 
 
 
ユーロビート。
 
 
 
最も日本人に好まれ、 なじみの深い海外のダンスミュージックです。
 
 
 
なぜユーロビートが日本人に親しまれるのか?
 
 
 
その謎はやはりコード進行に隠されています。
 
 
 
 
ユーロビートのサビ部分などで 多用されるコード進行はズバリ
 
 

|F |G |Am |Am|

 
 
です。
 
 
 
もしくは
 

|F G |Am |F G |Am |

 
 
 
コードの間合いは違いますが、 いずれも「4-5-6」という動き方です。
 
 
 
 
 
 
いわゆる「哀愁ユーロ」 などと言われる、 メロディアスで切ないタイプ ユーロビートは
 
 
 

|FM7|G|Em7|Am |

 
 
 
 
などが使われることが多く見受けられます。
 
 
 
このコード進行見覚えがありませんか?
 
 
 
そうです。
J-POP進行なんですね。LinkIconJ-POP進行 詳しくはこちら
 
 
 
 

「4-5-6」
 
「4-5-3-6」

 
 
 
というコードの動き方は、 最も日本人に好まれるものです。
 
それゆえに、 ユーロビートが栄枯盛衰を繰り返しながら、 長い年月の間、 日本人に好まれてきたんですね。
 
 
 
 
 
ほぼすべてのユーロビートの構造は、 このコード進行に集約される と言っても過言ではありません。
 
 
 
 
 
ユーロビートの歴史は80年代に始まります。
 
 
 
キャッチーなメロディーと、 躍動感を生み出すこのコード進行は、 世界中のチャートを席巻し、 ポップス界におけるデジタル・サウンド黎明期と相まって、 爆発的に世界各地に拡散していきました。
 
 
 
ユーロビート初期の名曲のひとつがこれです。
   
 
Rick Astley - Never Gonna Give You Up
 
 
サビ部分で

|FM7|G|Em7|Am |

 
 
のコード進行が使われていますね。
 
 
 
 
もちろん日本の当時のヒットチャートも ユーロビート勢がにぎわせます。
 
リスナーはユーロビートだという意識はなくても、 邦楽としてヒットしている曲を紐解けば、 原曲は海外のユーロビートだったりすることが 多かったのです。
 
 
例えば青春ドラマとして大ヒットした 「スクールウォーズ」の主題歌「HERO」は、 元々は海外でヒットしたユーロビートです。
 
 
その他にも
 
荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」
 
ウィンク「愛が止まらない」
 
等々、挙げたらきりがありませんが、 これらの曲の原型はすべてユーロビートです。
 
 
 
 
ポップスシーンを席巻したその後、 ユーロビートはクラブやディスコサウンドと接近し、 スーパーユーロビートシリーズなどの 作品に代表されるような、 ある種のサウンド・フォーマットに乗っ取った形で そのアイデンティティーを確立していきます。
 
 
ディスコサウンド化してからの ユーロビートの名曲といえば、 「King And Queen」です。
 
転調も織り交ぜながら、 このコード進行がフィーチャーされています。
 
 
   
その後、 日本で最後にブレイクしたユーロビートは、 NIGHT OF FIRE / NIKO  あたりでしょうか。
 
 
 
流行り廃りの激しい ダンスミュージックの世界で唯一、 沈んでは浮かび、 廃れてはまた流行り、 栄枯盛衰を繰り返しているのもまた ユーロビートです。
 
 
 
 
サウンドが目まぐるしく変わっても、 ユーロビートが底力を持っている理由は、 このコード進行が持っているパワーゆえなんですね。
 
 
 
 
 
 
パラパラブームの影響のせいか、 チャラチャラしたイメージが つきまとうユーロビートですが、 その音楽的な構造を分析することで、 いろいろな発見があります。
 
 
 
 
 
またいつか、ユーロビートが復活して 多くの人を楽しませる音楽として、 再び現れる日が来るかもしれません。
 
 
 

 

コード進行

STEP 0

STEP1

STEP 2

STEP 3

 
※コード表記はわかりやすくするために、Cメジャー(Aマイナー)表記になります。

作曲について

作曲について

作曲について

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

株式会社ネクスト・デザイン代表コラム

オーケストラ1
1分という時間の中に、重厚なオーケストラや高速パーカッション、荘厳な合唱隊による高揚感と共に最後は一気に収束を迎える展開を織り込んだ楽曲。

オーケストラ2
壮麗で美しい合唱隊のパートと、壮大で心躍るコードワークによって構築された楽曲。 優しい木管楽器と勇ましい金管楽器とが優雅に行き交うオーケストラ曲。
ポップス
せつないメロディーと日本語歌詞によるポップス、J-R&B。       生音のテイストに重心を置き、ピアノや流麗なストリングスが歌を包み込むボーカル楽曲。
EDM
幾重にもレイヤーされたシンセと、ボーカルやラップの行き交うEDMトラック。プロユースのハイエンド機器ならではの透明感のあるサウンドが特徴。

DANCE
EDM後のブレイクスからレイヴ、ハウス、ダブステップやシンセポップへサウンドが変化していく曲。「Next Design」のボイスは最先端の人工音声。